氏名(職名)

早川 正幸(理事長・学長)

早川顔写真令和3

 

名誉称号等

山梨大学名誉教授

山梨大学名誉参与

日本放線菌学会名誉会員

 

学歴・学位

1977 山梨大学工学部発酵生産学科卒業

1979 山梨大学大学院工学研究科発酵生産学専攻修了(工学修士)

1992 博士(農学)(東京大学)の学位取得

 

職歴

1979 山梨大学工学部 助手

1998 山梨大学地域共同開発研究センター 助教授

2001 山梨大学工学部 助教授

2004 山梨大学大学院医学工学総合研究部 教授

2012 山梨大学生命環境学部長

2015 山梨大学理事(企画・学術研究・評価・産学官連携・内部統制担当)・副学長

2021 山梨県立大学理事長・学長

 

専門分野

バイオテクノロジー、ライフサイエンス、応用微生物学

 

所属学会等

日本放線菌学会(2008 年度大会大会長;  2008~2014 理事・副会長;  2016~2019 会長;  2020~現在  評議員)

Editorial Board for the Journal of Antibiotics (2011~現在 Section Editor for Taxonomy & Ecology)

日本微生物学連盟(2008~2010 理事)

日本農芸化学会

日本生物工学会

日本廃棄物処理学会

山梨科学アカデミー

 

本学における担当科目

現代生活とバイオテクノロジー(連携開設科目)

 

研究等の内容・実績

【研究概要】

有用微生物(放線菌、乳酸菌、酵母等)の分離・分類・生態・遺伝に関する基礎研究および産業(医薬品工業*、発酵工業**、農業***等)への利用に関する応用研究

  * 微生物による新規抗生物質、免疫促進物質等の生理活性物質の生産    ** ワイン製造における産膜制御、パン発酵  *** 高機能性(植物成長促進、病害防除活性)有機肥料、水耕栽培等の利用による環境低負荷型次世代農業の展開等

【受賞、受章】

2021 日本放線菌学会名誉会員章 受章

2006 日本放線菌学会学会賞(「希少放線菌の分離及び分布に関する研究」)

1997 山梨科学アカデミー奨励賞

1990 日本放線菌学会研究奨励賞

【論文】

Characterization on the non-rhizobial bacterial community in the nodule-associated soils of Akebono soybeans and isolation of antibiotic producing Amycolatopsis sp. 共著 Indian J Microbiol 62, 242-248 (2022) IF 2.461  https://doi.org/10.1007/s12088-022-00999-x

Isolation and structure determination of new linear azole-containing peptides spongiicolazolicins A and B from Streptomyces sp. CWH03. 共著  Appl Microbiol Biotechnol 105, 93-104 (2021)  IF 4.813  https://link.springer.com/article/10.1007/s00253-020-11016-w 

Cellulomonus algicola sp. nov., an ac tinobacterium isolated from a freshwater alga. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 69, 2723-2729 (2019)

Identification of CDC25-PI306L, a novel mutant allele of CDC25, confering tolelance to multiple stress associated with food production on Saccharomyces cerevisiae. 共著 Biotechnol Biotechnol Equip 33, 162-169 (2019)

Hairly vech (Vicia villosa), as a green manure, increases fungal biomass, fungal community composition, and phosphatase activity in soil. 共著 Appl Soil Ecol 117, 16-20 (2017)

Development of intra-strain self-cloning procedure for breeding bakers yeast strains. 共著 J Biosci Bioeng 123, 319-326 (2017)

Glucose repression of FLO11 gene expression regulates pellicle formation by a wild pellicle-forming yeast strain isolated from contaminated wine. 共著 Biotechnol Biotechnol Equip 31, 120-127 (2017)

Virgisporangium myanmarense sp. nov., a novel motile actinomycete isolated from an antyjill soil in Myanmar.  共著 J Antibiotics 70, 995-999 (2017)

Genetic and transcriptional analyses of the flagellar gene cluster in Actinoplanes missouriensis. 共著 J Bacteriol 198, 2219-2227 (2016)

 Proposal of nine novel species of the genus Lysinimicrobium and emended description of the genus Lysinimicrobium. 共著 Int J  Syst Evol Microbiol 65, 4394-4402 (2015)

Pyrrolidine-containing peptides, JBIR-126, -148, and -149, from Streptomyces sp. NBRC 11228. 共著 Tetrahedrn Lett 56, 5333-5336 (2015)

Isolation of a novel plasmid from Couchioplanes caeruleus and construction of two plasmid vectors for gene expression in Actinoplanes missouriensis. 共著 Plasmid 77, 32-38 (2015)

Total synthesis and structure determination of JBIR-108-A 2-hydroxy-2-(1-hydroxyethyl)-2,3(2H)-franone isolated from Streptomyces gramineus IR087Pi-4. 共著 J Org Chem 80, 114-132 (2015)

Streptomyces hokutoensis sp. nov., a novel actinomycete isolated from the strawberry root rhizosphere. 共著 J Antibiotics 67, 465-470 (2014)

Forced expression of FLO11 confers pellicle-forming ability and furfural tolerance on Saccharomyces cerevisiae in ethanol production. 共著 Biosci Biotechnol Biochem 78, 714-717 (2014)

Agromyces iriomotensis sp. nov., isolated from soil. 共著  Int J  Syst Evol Microbiol 64, 833-838 (2014)

Janibacter cremeus sp. nov., an actinobacterium isolated from sea sediment. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 63, 3687-3690 (2013)

Paraoerskovia sediminicola sp. nov., an actinobacterium isolated from sea sediment, and emended description of the genus Paraoerskovia. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 63, 2637-2641 (2013)

 A new simple method for isolating multistress-tolerant semidominant mutants of Saccharomyces cerevisiae by one-step selection under lethal hydrogen peroxide stress condition. 共著 Biosci Biotechnol Biochem77, 224-228 (2013)

Demequina flava sp. nov. and Demequina sediminicola sp. nov., isolated from sea sediment. 共著 Int J Syst Evol Microbiol63, 249-253 (2013)

Complete genome sequence of the motile actinomycete Actinoplanes missouriensis 431 (=NBRC 102363). 共著 Stand Genom Sci 7, 294-303 (2012)

Luteimicrobium album sp. nov., a novel actinobacterium isolated from a lichen collected in Japan, and emended description of the genus Luteimicrobium. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 65, 427-431 (2012)

Sediminihabitans luteus gen. nov., sp. nov., a new member of the family Cellulomonadaceae isolated from sea sediment. 共著 Anton Leewenhoek Int J Gen M 102, 325-333 (2012)

Lysinimicrobium mangrovi gen. nov., sp. nov., a novel actinobacterium belonging to the family Demequinaceae isolated from mangrove rhizosphere soil. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 62, 1731-1735 (2012)

JBIR-120: a new growth inhibitor of hormone-refractory prostate cancer cells. 共著 J Antibiot 65, 373-375 (2012)

Actinoplanes rishiriensis sp. nov., a novel motile actinomycete isolated by rehydration and centrifugation method. 共著 J Antibiot 65, 249-253 (2012)

JBIR-94 and JBIR-125, antioxidative phenolic compounds from Streptomyces sp. K56-07. 共著 J Nat Prod 75, 107-110 (2012)

Actinomycetospora rishiriensis sp. nov., isolated from a lichen. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 61, 2621-2625 (2011)

Varidation and predicted structure of the flagellin gene in Actinoplanes species. 共著 FEMS Microbiol Lett 324, 21-27 (2011)

Nocardioides iriomotensis sp. nov., an actinobacterium isolated from a forest soil. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 61, 2205-2209 (2011)

Description of Actinomycetospora chibensis sp. nov., Actinomycetospora chloros sp. nov., Actinomycetospora corticola sp. nov., Actinomycetospora lutea sp. nov., Actinomycetospora succinea sp. nov. and emended description of the genus Actinomycetospora. 共著 Int J Syst Evol Microbiol 61, 1275-1280 (2011)

A phenylacetylated peptide, JBIR-96 isolated from Streptomyces sp. 共著 J Nat Prod 74, 1344-1347 (2011)

Actinomycetospora iriomotensis sp. nov., a novel actinomycete isolated from a lichen sample. 共著 J Antibiot 64, 289-292 (2011)

Characterization of Actinoplanes missouriensis spore flagella. 共著 Appl Environ Microbiol 77, 2559-2562 (2011)

Characterization of the biosynthesis gene cluster for alkyl-o-dihydrogeranyl-tethoxyhydroquinones in Actinoplanes missouriensis. 共著 ChemBioChem 12, 439-448 (2011)

FLO11 is essential for pellicle formation by wild pellicle-forming yeasts isolated from contaminated wine. 共著 J Biosci Bioeng 111, 7-9 (2011)

2010年以前の論文はResearchMap https://researchmap.jp/read0010347を参照

【高被引用論文】

Studies on the isolation and disribution of ctinomycetes in soil. M. Hayakawa, Actinomycetol 22, 12-19 (2008) Most reviewed aeticle in Actinomycetol 1987~ (Mar 2021, JStage) https://www.jstage.jst.go.jp/browse/saj/-char/ja

Humic acid-vitamin agar, a new medium for the selective isolation of soil actinomycetes. M. Hayakawa & H. Nonomura, J Ferment Technol 65, 501-509 (1987) 被引用数588, Top 0.22% (Biotechnology & Applied Microbiology Section 1980~2021) Incitesによる

【著書】

「Disital Atlas of Actinomycetes ver. 2」 共著 Society for Actinomycetes Japan 2017 https://atlas.actino.jp/

「放線菌と生きる」共著 みみずく舎 2011

「微生物の世界」共著  筑波出版会  2006

「Selective Isolation of Rare Actinomycetes」共著 Queensland Complete Printing Service (Australia) 2006

「The Waksman Foundation of Japan Inc. Research Report」共著 Fukoku Printing Co., Ltd. (Tokyo) 2001

「放線菌図鑑」共著 朝倉書店 1997

「バイオサイエンスと放線菌」共著 医学出版センター 1994

「土壌放線菌の選択分離法」早川正幸、野々村英夫 日本学会事務センター 1993 https://ci.nii.ac.jp/naid/40017444054

「Biology of Actinomycetes」共著 Japan Scientific Societies Press 1988

 

学会発表

日本放線菌学会第36回(2022年度)大会:「Isolation and structure determination of new linear azole-containing peptide spongiicolazolicins A and B from Streptomyces CWH03」講演要旨集 p. 124, 共著 / 「Three ansamacrolactams and two chlorinated pyrroles with plant growth-promoting activity from Catellatospora strains」講演要旨集 p. 131 / 「Streptomyces sp. TKZ-01株が生産するモモせん孔細菌病菌に対する抗菌活性物質の同定」講演要旨集 p. 134, 共著 / 「イチゴ水耕栽培におけるファインバブルと放線菌の添加による菌数抑制と植物成長促進効果」講演要旨集 p. 161, 共著

日本放線菌学会第35回(2021年度)大会:「トマトかいよう病菌に対する抗菌物質の同定とトマト栽培に有効な総合的微生物資材の開発に関する研究」講演要旨集 p. 48, 共著 / 「新規生理活性物質を生産する海洋由来 Streptomyces 属株および超希少放線菌 Goodfellowiella 属株の分類学的研究」講演要旨集 p. 61, 共著 / 「運動性放線菌を選択的に分離するバルク土壌浸漬法の改良および分離株の分類に関する研究」講演要旨集 p. 68, 共著 / 「放線菌培養上清を用いたモモせん孔病菌の防除資材の開発とモモせん孔細菌病菌の選択分離法の設定」講演要旨集 p. 80, 共著 / 「放線菌分離プレートでみられるフェアリーリングコロニーに関する基礎的研究」講演要旨集 p. 95, 共著 / 「Streptomyces 属放線菌を用いた Xanthomonus arboricola pv. pruni の増殖抑制に関する研究」講演要旨集 p. 98, 共著

日本生物工学会第73回(2021年度)大会:「実用パン酵母における過酸化水素耐性変異株の特性およびゲノム変異解析」共同発表 / 「出芽酵母に高糖濃度耐性を付与する新規変異遺伝子の有用性の検討」共同発表

日本農芸化学会2022年度大会:「放線菌コロニーの色性状の数値化によるグルーピング化に関する研究」共同発表

 

教育活動の実績

1979~2020 担当科目:「応用微生物学」「微生物学実験」「微生物育種学」「生物物理化学」「技術英語」「現代生活とバイオテクノロジー」等(学部);「応用微生物学特論」「工業微生物学特論」等(修士);「医薬微生物学特論」「医工農総合特論」等(博士).卒業論文・修士論文・博士論文 主担当指導:約200名

1998  企業技術者高度技術研修「有用微生物の選択分離法  共著 全110頁」制作・使用

2012~2015 山梨県高等学校研究会農業教育部会 / 農場協会(実験実習講習会等) 指導講師

2013~2014,  2021~ 山梨県高等学校SSH運営指導委員会 委員長、SPH運営指導委員会 委員長

2014~2019  COC(文部科学省 地(知)の拠点整備事業)事業担当責任者:山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成

2014~2016 ワインフロンティアリーダー養成プログラム(文部科学省 高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム)プログラム責任者

2015~2017 福島復興に係るワイン技術者等育成支援(復興庁 新しい東北先導モデル事業:「福島における高品質醸造用葡萄の栽培とワイン醸造専門人材の育成」への参画、福島大学との連携など)

2015~2020  COC+(文部科学省 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業)事業責任者:オールやまなし11+1大学と地域の協働による未来創生の推進

2021~ COC+R(文部科学省 大学による地方創生人材教育プログラム構築事業)事業者・地方創生人材教育協議会議長:VUCA時代の成長戦略を支える実践的教育プログラム

 

職務上(実務上)の実績

2000~2005 (株)やまなしティー・エル・オー取締役(兼業)

 

社会活動・地域活動の実績

1990 山梨県産学官特許等移転委員会委員

2002~2012  山梨工業会理事

2005~2008 やまなしバイオフォーラム代表幹事

2007~2015 山梨県総合理工学研究機構運営委員会委員

2011~2013 NEDO技術委員

2013~2018 山梨県科学技術会議委員(第7期、第8期(会長))「やまなし科学技術基本計画(改訂版)2016」の発行

2013~2015 山梨県総合計画審議会委員

2014~現在 山梨県富士山科学研究所運営委員会委員長

2015~2020 特定非営利法人大学コンソーシアム山梨事務局長

2015~2016 新・やまなし農業大綱策定委員会委員長 「新・やまなし農業大綱2015」の発行

2016~現在 山梨産業技術センター運営協議会委員長

2017~2018 元気やまなし産業ビジョン策定に係る有識者会議座長 「元気やまなし産業ビジョン2018」策定

2018~2019 山梨の未来を担う人材育成検討委員会委員

2019~ 一般社団法人大学アライアンス山梨理事

2021~ こうふ開府500年記念事業実行委員会委員

2021~ 山梨経済同友会副代表幹事

 

提供できる地域貢献メニュー

有用微生物(放線菌、乳酸菌)による植物の成長促進および病害防除作用を利用した低負荷型次世代有機農業*

  * 高機能性堆肥を利用した有機農業、無農薬水耕栽培等

 

受験生の方へメッセージ

   既存の概念を疑うこと、批判をすること、そしてそこに問いをたてるところから大学での学びが始まります。単なる知識の習得を目指すのではなく、疑わしいことを自らの問題としてとらえつつ学びを進めることが重要です。

 

教育・研究に対する抱負など

  大学における学業の本質は、課題を見出し、問題を解決する力を養うことにあります。大学での学びにより広い視野と深い教養を身につけ、豊かな自然環境の中、人々との触れ合いにより感性を磨くことで、課題発見力を大きく向上させることができます。そして、これまでの全ての知見をもとに仮説を立て、調査・実験、検証を経て新たな事実や理論を見出すプロセス、すなわち研究を通して問題解決を図っていきます。具体的な研究手法は、科学、人文社会科学、芸術などの分野、また基礎、応用などの目的に応じ、大学の専門課程において実験、実習、演習、卒業論文研究などを教員の指導により実践し、修得していきます。ここで重要なのは、自らの研究成果をゼミや学会、さらには論文投稿などで公表し、他の研究者からの評価、批判を受け、議論を戦わしつつ研究を進めていくことにあります。これにより自らの問題解決力を高め、研究を飛躍的に発展させることができます。

  課題発見から問題解決に至る一連のプロセスは、専門課程での研究に限らず、教養科目の履修や普段の生活においても実践することが可能であり、それにより学びの質をいっそう高めることができます。大学生生活の中で涵養された課題発見力や問題解決力は、高い専門性とその実践力と共に、今後の社会生活の中で大きな礎となるでしょう。