氏名(職名)

 

小山 尚美(准教授)

 

所属学部・学科

 

看護学部・看護学科、看護学研究科

 

学歴・学位

 

山梨医科大学医学部看護学科 卒業
山梨大学大学院医学工学総合教育部 修士課程 修了 (看護学修士)

 

職歴

 

H11年 山梨医科大学医学部付属病院看護部勤務
H17年 山梨県立大学看護学部 助手
H20年 山梨県立大学看護学部 助教
H21年 山梨県立大学大学院看護学研究科 助教(兼任)
H24年 山梨県立大学看護学部 講師  同大学院看護学研究科 講師(兼任)
H30年 山梨県立大学看護学部 准教授  同大学院看護学研究科 准教授(兼任)
 

 

専門分野

 

老年看護学

 

所属学会等

 

日本公衆衛生学会(会員)
日本老年看護学会(会員)
日本認知症ケア学会(会員)
日本在宅ケア学会(会員)
日本看護協会(会員)
山梨県看護協会(会員)

 

学内委員

人権委員会 相談員
研究倫理審査委員会

 

本学における担当科目

 

実践基礎看護技術Ⅲ、文献購読セミナー、看護研究セミナー、老年看護学、リハビリテーション看護論、認知症ケア論、看護実践総合演習、老年看護学実習

 

 

研究等の内容・実績

 

【査読有り】

  • 介護保険施設で「認知症ケア体験研修」を受講した急性期病院看護師の認知症看護実践の様相(老年看護学Vol.24No.1,69-76,2019.)
  • 介護保険施設での「認知症ケア体験研修」を受講した急性期病院看護師の学び-ケア体験終了時のカンファレンス内容の分析より-(老年看護学Vol.23No.1,121-128,2018.)
  • 教育と臨床の連携強化を図るための現状・課題と方策-大学教員および臨床看護師への調査から-(山梨県立大学看護学部研究ジャーナル第3巻第1号,45-58,2017.)
  • 地域中核病院看護師を対象とした「認知症対応力向上研修会」の評価 研修終了後のアンケートより(老年看護学Vol.20No.2,92-98,2016.)
  • 地域中核病院看護師の考える病院全体で認知症の人を支える為に必要な取り組み~『認知症対応力向上研修会』修了者への調査より~(山梨県立大学看護学部研究ジャーナル 第2巻,20-30,2016.)
  • サクセスフル・エイジング実現に向けての基礎的研究-A地区在住高齢者の生活満足度とその関連要因-(日本看護学会(ヘルスプロモーション)論文集,38-41,2015.)
  • 一般病棟で集中的な医療を要する認知症高齢者のケアにおける看護師の困難 大規模病院(一施設)の看護師へのインタビューから (日本認知症ケア学会誌 第12巻第2号,408-418,2013.)
  • 中規模病院の一般病棟で認知症高齢者のケアを行う看護師の困難(老年看護学Vol.17No.2,65-73,2013.)

  

【査読なし:報告書 等】

  • 循環器疾患を抱えている認知症の人の健康管理 高血圧が招くリスクと適切な健康管理(認知症ケア,Vol.20No.1,57-62,2019.)
  • 医療療養病床の看護師が入院患者の日常生活援助を実施するうえでの困難~医療療養病床(20対1)に勤務する看護師へのインタビュー調査から~,山梨県立大学地域研究交流センター2017年度研究報告書,2018.
  • 認知症ケアに活かす”看護”のチカラ 看護の視点を活かした認知症の人の日常健康管理(認知症介護,Vol.18No.2,37-42,2017.)
  • 在宅療養者及び療養病床入院患者等に係る実態調査 報告書,2017.
  • 医療従事者の認知症対応力向上に向けての取り組み~地域中核病院看護職者を対象とした「認知症対応力向上研修会」の企画と評価,山梨県立大学地域研究交流センター2014年度研究報告書,2015.
  • 高齢者の“サクセスフル・エイジング”実現に向けての基礎的研究~地域在住者と若者(大学生)との異世代間交流を通して~,平成25年度山梨県立大学地域研究交流センター地域研究事業助成報告書,2014
  • 山間過疎地域で暮らす独居・夫婦世帯高齢者の支援に関する研究-後期高齢者の“安心感のある暮らし”に焦点をあてて-,平成25年度山梨県立大学地域研究交流センター地域研究事業助成報告書,2014

 

【学会報告 査読有り】 

  • 看護師が実践する寝たきりで言語的コミュニケーションが困難な高齢者の意向のくみ取り-医療療養病床に勤務する看護師へのインタビューから-,日本老年看護学会第25回学術集会,2020.6.
  • 急性期病院における認知症ケアの質向上に向けた組織づくりの現状と課題-中堅看護師・中間看護管理者を対象とした質問紙調査より-,日本老年看護学会第24回学術集会,2019.6.
  • 介護保険施設での「認知症ケア体験研修」の学びの活用状況とその要因(第1報)-急性期病院の看護に活用できている学びとその要因-,日本老年看護学会第23回学術集会,2018.6.
  • 介護保険施設での「認知症ケア体験研修」の学びの活用状況とその要因(第2報)-急性期病院の看護に活用できてない学びとその要因-,日本老年看護学会第23回学術集会,2018.6.
  • 医療療養病床の看護師が入院患者の日常生活援助を実施する上での困難(第1報)-医療療養病床に勤務する看護師へのインタビュー調査から-,日本老年看護学会第23回学術集会,2018.6.
  • 医療療養病床の看護師が入院患者の日常生活援助を実施するうえでの困難(第2報)-困難に対する工夫及び望むサポート-,日本老年看護学会第23回学術集会,2018.6.
  • A県における療養病床入院患者の実態調査から(第1報)-療養病床に入院している患者の様相- ,第48回日本看護学会-看護管理-学術集会,2017.10.
  • A県における療養病床入院患者の実態調査から(第2報)-病状が安定している患者における退院・在宅移行困難要因と課題- ,第48回日本看護学会-看護管理-学術集会,2017.10.
  • A県における療養病床入院患者の実態調査から(第3報)-退院の見通しがたたない患者の要因分析- ,第48回日本看護学会-看護管理-学術集会,2017.10.
  • 「認知症対応力向上研修」修了者が「認知症ケア体験研修」で得た学び第1報 ”研修での学び”の記載より,日本老年看護学会第22回学術集会,2017.6.
  • 「認知症対応力向上研修」修了者が「認知症ケア体験研修」で得た学び第2報 ケア体験後のグループインタビューより,日本老年看護学会第22回学術集会,2017.6.
  • 精神科スーパー救急病棟に看護師が認知症高齢者の看護で大切と意識していること-看護師への聞き取り調査から-,第18回日本認知症ケア学会大会,2017.5.
  • 精神科スーパー救急病棟で実践している認知症高齢者のそのひとらしさを大切にした看護-看護師への聞き取り調査から-,第18回日本認知症ケア学会大会,2017.5.
  • せん妄予防に関する学習会とプロトコールを使用した予防介入の評価-看護師のせん妄予防への意識調査から-,第18回日本認知症ケア学会大会,2017.5.
  • 看護学生が「認知症ケア論」から学んだこと(第1報)-認知症の人の看護実践で大切にしたいこと,日本老年看護学会第21回学術集会,2016.7.
  • 看護学生が「認知症ケア論」から学んだこと(第2報)-「認知症の人の語りから得た学び」より,日本老年看護学会第21回学術集会,2016.7.
  • 認知症の人とのコミュニケーションの理解と実践に向けた演習の評価-看護学部4年生が「認知症ケア論」で時視したロールプレイングの振返りより-,第17回日本認知症ケア学会大会,2016.6.
  • 地域中核病院看護師の考える病院全体で認知症の人を支えるために必要な取り組み~『認知症対応力向上研修会』修了者への調査より~,第46回日本看護学会(ヘルスプロモーション)学術集会,2015.11.
  • 地域中核病院看護師を対象とした「認知症対応力向上研修会」の評価-研修受講者が考える認知症の人の看護への活用内容-,第46回日本看護学会(ヘルスプロモーション)学術集会,2015.11.
  • 地域中核病院看護師を対象とした「認知症対応力向上研修会」の評価(第1報)-研修終了後アンケート結果より-,日本老年看護学会第20回学術集会,2015.6.
  • 地域中核病院看護師を対象とした「認知症対応力向上研修会」の評価(第2報)-受講者が感じている認知症の人の看護における困難感-,日本老年看護学会第20回学術集会,2015.6.
  • “サクセスフル・エイジング”実現に向けての基礎的研究-老人ホームで生活する高齢者との交流から看護学生が学んだこと-,日本老年看護学会第20回学術集会,2015.6.
  • 山間過疎地域で暮らす独居高齢者の支援に関する研究-独居高齢者の“安心感のある暮らし”に焦点をあてて-,第45回日本看護学会(在宅看護)学術集会,2014.10.
  • サクセスフル・エイジング実現に向けての基礎的研究①-A地区在住高齢者の生活満足度とその関連要因-,第45回日本看護学会(ヘルスプロモーション)学術集会,2014.8.
  • サクセスフル・エイジング実現に向けての基礎的研究②-A地区在住高齢者の悩み・ストレスとその関連要因-,第45回日本看護学会(ヘルスプロモーション)学術集会,2014.8.
  • 老いを愉しむ心の持ち方-『健康講座』シンポジスト3名の語りから-,第45回日本看護学会(ヘルスプロモーション)学術集会,2014.8.
  • サクセスフル・エイジング実現に向けての基礎的研究(PartⅠ)-「幸せな老後の生活を送る上での不安」とその関連要因-,日本老年看護学会第19回学術集会,2014.6
  • サクセスフル・エイジング実現に向けての基礎的研究(PartⅡ)-高齢者が抱く「幸せな老後の生活を送る上での不安」-,日本老年看護学会第19回学術集会,2014.6
  • 山間過疎地域で暮らす独居高齢者の支援に関する研究-独居高齢者のソーシャルサポート授受の実態に焦点を当てて-,日本老年看護学会第19回学術集会,2014.6

 

職務上(実務上)の実績

 

【取得資格】  看護師 保健師 介護支援専門員

 

社会活動・地域活動の実績

 

平成18〜現在 山梨県実習指導者講習会 実習指導案の作成(老年) 講師

平成19〜平成30年 甲府城西高校 特色ある高校づくり支援事業『高齢者の言動を科学的に理解しよう』 講師

平成20年〜現在 介護実習普及センター 高齢者疑似体験指導者研修『老年者の心身の特徴』 講師

平成21~現在 山梨県立甲府昭和高校 看護オリエンテーション 講師

平成24年~現在 山梨県立甲府昭和高校 模擬講義 講師

平成27年度~平成28年度 山梨県県立大学看護実践開発研究センター「認知症看護」認定看護師教育課程“認知症看護援助方法論Ⅰ”講師

平成27年度~現在 共立介護福祉センターいけだ運営推進会議および介護医療連携推進会議 委員

平成29~30年度 山梨県看護協会看護師職能領域Ⅱ出前研修 講師

平成30年度~現在 山梨県看護協会 看護師職能委員会 委員

 

 

 

提供できる地域貢献メニュー

 

中学・高校生向け講座
・高齢者の言動を科学的に理解しよう!〜あなたにも加齢変化は訪れます〜

 

認知症高齢者のアクティビティケア実践
・童謡・唱歌を歌うことで生活を活性化しましょう!

 

教育・研究に対する抱負など

 

高齢者の皆さまは、私たちの知らない世界大戦・戦後の混乱を生き抜き、今の世の中を創ってきた世代です。生きてきた背景そのものが『偉業を成し遂げた』人たちだと思います。そんな高齢者の方々に感謝の意を込めて老年看護学の発展に携わりたいと考え、また、高齢者の皆さまと関わることで、自分自身が成長できるチャンスと思い、教育・ 研究に取り組んでいます。

 

受験生の方へメッセージ

 

看護に携わることは「人のため」のようですが、自分に帰ってくることが本当に多いです。受験勉強も、入学後の勉強も、将来、自分にとって価値あるものになりますよ。頑張ってください!