氏名(職名)

前澤 美代子(准教授)

所属学部・学科

看護学部成人看護学(がん看護学)

学歴・学位

聖隷クリストファー大学大学院看護研究科
がん看護学CNSコース修了(修士:看護学(がん看護))

東洋英和女学院大学大学院人間科学死生学修了

(修士:人間科学(死生学))

聖隷クリストファー大学博士後期課程看護学科(がん看護)修了

(博士:看護学)

職歴

東京慈恵会医科大学附属病院本院
帝京山梨看護専門学校専任教員
山梨県立看護大学短期大学部(助手1年、講師2年)

山梨県立中央病院

富山大学医学薬学研究部修士課程がん看護非常勤講師

聖隷クリストファー大学博士前期課程非常勤講師

長野県立看護大学成人看護学非常勤講師

専門分野

がん看護学

所属学会等

日本がん看護学会
日本看護科学会
日本看護学教育学会
日本緩和医療学会
日本臨床死生学会
日本災害看護学会
日本災害支援機構
日本死の臨床研究会

日本死の臨床研究会関東甲信越支部理事

日本専門看護師協議会能力向上員

学内委員

看護学実習委員

看護研究科広報委員 

看護実践開発研究センター運営委員

本学における担当科目

がん看護学

成人看護学(血液造血器がんの患者の看護・がん看護)

リラクゼーション

災害支援

文献購読セミナー・研究セミナー

実践基礎がん後技術Ⅰ

臨床看護過程展開論

看護実践総合演習

成人・老年臨床看護学実習Ⅱ

看護学研究科(コンサルテーション、臨床薬理学、病態生理学)

研究等の内容・実績

【査読あり】

  • がん看護の講義に体験者の語りを用いた学習効果:日本看護学教育学会、第16回学術集会講演集、2006
  • 看護学生の死生観:山梨県立看護大学短期大学部紀要、12巻1号、P1-14、2006
  • 意識障害のある患者とのかかわりから学生が捉えた身体知:日本看護学教育学会誌17巻p112、2007
  • 看護基礎教育にトリアージ演習を用いた学習効果:日本災害看護学会誌9巻1号p73、2007
  • ヒューマンエラーの教育における学生参加型授業:山梨県立看護大学短期大学部紀要13巻1号p15-24、2008
  • 進行性腹水がん患者の身体的苦痛に対して精油を用いた腹部温湿布の効果:聖隷クリストファー大学大学院 課題研究論文、2010
  • 緩和ケア病棟入院患者の「死の不安」の分析 死に対する不安を強く訴えていた一事例を通して:日本臨床死生学会抄録集p65、2011
  • 「死の不安」に対する寄り添う看護援助の一考察:日本臨床死生学会抄録集p63、2011
  • 頭頸部がん患者の自壊創部処置に精油を加えた効果:日本緩和医療学会抄録集p321,2011
  • 緩和ケア病棟におけるがん看護専門看護師の活動評価:日本がん看護学会誌26巻Suppl.p125、2012
  • 視野狭窄と手先の動作に制限のある高齢者に対するストーマ自己管理への関わりの評価:日本ストーマリハビリテーション学会誌28巻3号p142、2012
  • 化学放射線療法継続中の乳がん患者に対するリンパフhすケアの効果:日本緩和医療学会学術大会抄録集p475,2012 
  • ヒーリングタッチ介入方法の初段階「集中する」ことの施術者の生態反応の検討:山梨県立大学看護学部紀要15巻p23-35、2013
  • 地域がん診療連携拠点病院における一般病棟看護師の逝去時カンファレンスの認識と今後の学習会への課題:日本緩和医療学会学術集会p456、2013
  • 統合失調症で大腸がんの終末期にあるA氏に対する看取りの評価 デスカンファレンスからの分析:死の臨床37巻2号p365、2013
  • 「身体が痛みを覚えている」と訴えたA氏の痛みの体験:死の臨床37巻2号p281、2014
  • 20歳代発達障害をもつ終末期がん患者の「家に帰りたい」希望を支え、うつ既往のある家族との見取り:死の臨床37巻2号p384、2014
  • 独居生活が長く、社会的支援の少ない終末期がん患者に対するせん妄と死の不安への援助:死の臨床37巻2号p334、2014
  • 腹水を伴うがん患者の苦痛に対するラベンダー精油を用いた腹部音湿布の効果:せいれい看護学会誌6巻1号p8-13、2015
  • CVポートの自己管理認識とトラブル要因 インシデントレポートの分析を通して:日本がん看護学会誌12巻Suppl.p175、2016
  • 手のマッサージによる教育実践の成果 ひらめき☆ときめきサイエンスの実施を通して:山梨県立大学看護学部研究ジャーナル2巻p31-40、2016
  • 放射線治療を受けるにゅがん患者の心理的変化:日本がん看護学会誌30巻Suppl.p198、2016
  • 地域がん診療連携拠点病院における看護師に対する緩和ケア研修プログラムの評価:日本がん看護学会誌30巻Suppl.p212、2016
  • 危機の分析と看護介入事例集第2版:共著、金芳堂、2017
  • 看護における危機理論・危機介入第4版:共著、金芳堂、2018
  • 腹水を伴うがん患者の苦痛に対するラベンダー精油を用いた腹部温湿布の効果:arpmatopia、vvol27 No.3、pp24-27、2018

など

社会活動・地域活動の実績

【講師】

<緩和ケア、エンド・オブ・ライフ・ケア研修>

市立甲府病院

JCHO山梨病院 

北杜市立甲陽病院

<フィッシュ哲学>

  • 加納岩総合病院
  • 韮崎東が丘病院

<NANDA看護診断・事例検討会>

  • 山梨県立中央病院
  • 富士吉田市立病院

【相談・指導】

<コンサルテーション>

がん看護相談:偕成会住吉病院 

<研究指導>

  • 山梨県立中央病院
  • 富士吉田市立病院
  • 北杜市立甲陽病院
  • 偕成会住吉病院

提供できる地域貢献メニュー

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン甲府」のがん制圧のためのイベント

  • がんとの付き合い方
  • がん患者・家族のための講座
  • 看取りのケア
  • 専門看護師の審査に向けての支援
  • 生きること死ぬことについて
  • 生き生きと働き生きる:フィッシュ哲学・キャリア論
  • 医療リンパドレナージ
  • アロマテラピーを活用したケア

教育・研究に対する抱負など

  • がんの患者さんや家族のストレス・コーピングへの支援
  • アロマテラピーを活用した症状緩和
  • 緩和的なリンパドレナージ方法
  • 看護師の死生観形成過程

受験生の方へメッセージ

今や2人に1人ががんと診断され、3人に1人ががんで死亡するといわれています。そんな時代にがん患者さんや家族の一番身近に存在する看護師が重要な役割を果たします。人生の終わる時まで苦痛なくその人らしい人生を支える看護を一緒に提供してみませんか。

研究室のホームページ

看護実践開発研究センターでアロマやリンパマッサージの研修会も行っています。

また、学生のアロマサークルも活動中です。