氏名 

  米田 昭子

所属学部 学科

看護学部 ・看護学研究科  成人看護学

専門領域

 慢性看護

  日本看護協会認定  慢性疾患看護専門看護師  2004年 認定

 

所属学会: 

日本糖尿病教育・看護学会 

日本慢性看護学会 理事 

日本看護科学学会

日本腎不全看護学会 

日本循環器看護学会  

フットケア学会 

日本下肢救済・足病学会 評議員

CNS看護学会(日本専門看護師協議会)評議員

聖路加看護学会  

所属研究会

神奈川糖尿病看護研究会 顧問

山梨慢性看護研究会 会員

慢性疾患看護専門看護師研究会 幹事

エンボディメントケア看護研究会 副代表

 

学歴

東京大学医学部付属看護専門学校卒業

放送大学 発達と教育 卒業

兵庫県立大学大学院看護学研究科 修了

聖路加国際大学看護学研究科後期博士課程在学中

 

職歴

昭和大学藤が丘病院 

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院 看護相談室

 

修士論文

高血糖にさらされている2型糖尿病患者の身体の感覚-看護ヘルスアセスメントを用いて-  1999年度 兵庫県立看護大学大学院修士論文

 

学外の役割

日本腎不全看護学会 編集委員会専任査読者

・日本慢性看護学会 理事  同 研究交流推進委員会委員長

・山梨県国民健康保険団体連合会保健事業支援・評価委員会委員

・日本糖尿病教育・看護学会編集委員会委員

 

研究

2005年~野並葉子教授らと糖尿病患者へのエンボディメントケアの開発に取り組んでいる

 ・野並葉子、伊波早苗、米田昭子、馬場敦子、添田百合子、曽根晶子、魚里明子、鈴木美津子、小江奈美子、上野聡子、河田照絵(2016):

  P.ベナーのケアリング理論を用いた糖尿病患者へのエンボディメントケア、日本看護科学学会誌,36,247-254.

 ・科学研究費助成事業 基盤研究B 課題番号25293444 「糖尿病患者へのエンボディメントケア」の効果検証とその実用化への方略の検討

  (英文)Embodiment Cere for Diabetes patients:Verification of Its Efficacy and Examination of Strategies for Its Practical Application 

  研究代表者 野並葉子 研究者 野並葉子 研究分担者 佐佐木千絵 片岡千明 河田照絵 添田百合子 米田昭子 魚里明子 馬場敦子 藤原由子

2013年~外来糖尿病患者のフットケアにおけるセルフマネジメントの研究に取り組んでいる。

  ・2015年 看護師による外来糖尿病患者のフットケアにおけるセルフマネジメント評価 について日本糖尿病教育・看護学会にて発表

  ・2017年:外来糖尿病患者のフットケアにおけるセルフマネジメント評価指標の試案について日本糖尿病教育・看護学会にて発表

 ・米田昭子、青山朋未、西垣昌和(2011):日本糖尿病教育・看護学会主催フットケア研修修了者のフットケア実践状況と今後の課題、日本糖尿病教育・看護学会誌、15(1)36-45.

 ・米田昭子、尾崎順子、入澤智美、新野澄子(2009):外来における糖尿病患者へのフットケア 40例の5年間の実践報告、日本糖尿病教育・看護学会誌、13(1),27-38.

 ・米田昭子(2003):2型糖尿病患者の身体の感覚に働 きかけるケアモデルの開発、日本糖尿病教育・看護学会誌、7(2)、96-106.

 

2014年~中断経験のある2型糖尿病患者へのプログラムの開発に取り組んでいる。 

・米田昭子林直子(2018):高血糖指摘後や診断後に1年以上受診をしていない時期を持つ2型糖尿病にとっての治療を続ける意味,日本糖尿病教育・看護学会誌,22(2),119-128.

 

2018年~基盤C 看護基礎教育における糖尿病の語りをいかしたセルフマネジメント教材の開発 共同研究者

 

著書

・井部俊子、村上靖彦 編集:現象学でよみとく 専門看護師のコンピテンシー、米田昭子、ケース5 患者が水遊びをしえちた頃の足の感覚の体験を捉え、”感じない””離れている”足をEさんに近づける、106-111,医学書院、2019年6月 

・林直子、佐藤まゆみ 編著:放送大学教材 成人看護学、 米田昭子、9章 糖・脂質代謝障害のある成人への援助、149-172、放送大学教育振興会、2018年6月.

・野並葉子監修 森菊子、藤原由子、元木絵美編集 :パーフェクト臨床実習ガイド 成人看護Ⅱ 慢性期・回復期、 米田昭子 Ⅰ慢性期・回復期の治療看護技術 A アセスメントの技術 観察、33-35、照林社、2018年2月.

・野並葉子監修 森菊子、藤原由子、元木絵美編集 :パーフェクト臨床実習ガイド 成人看護Ⅱ 慢性期・回復期、 米田昭子 Ⅱ慢性期・回復期の生活援助技術 清潔、210-215、2018年2月、照林社.

・野川道子編集:看護実践に活かす 中範囲理論 第Ⅱ章 4 米田昭子 不快症状理論、72-88、第2版、メジカルフレンド社.

米田昭子:糖尿病の理学療法 Ⅳ 糖尿病の基本治療とチーム医療 4 糖尿病教育、第1版、55-64、メジカルビュー社、2015年6月10日.

・井部俊子、大生定義監修、専門看護師の臨床類論研究会編集、専門看護師の思考と実践、第Ⅳ章 CASE16、米田昭子 

 :慢性疾患患者がふらっとおとずれる看護外来「ねばならない」からの解放、109-115, 医学書院、2015年6月15日.

・井部俊子、大生定義監修、専門看護師の臨床類論研究会編集、専門看護師の思考と実践、第Ⅵ章 case20、米田昭子

 :高血糖状態にあるがん患者への「あえて食べること」の選択、138-143、医学書院、2015年6月15日.

・山田雅子、小野若菜子 編、こんなときどうする?在宅看護Q&A -小児から高齢者まで、 ④慢性疾患、米田昭子:糖尿病・腎不全、第1版、167-172、メディカ出版、2015年12月10日.・東めぐみ編集:進化する慢性病看護 不確かさのなかにある病のプロセスを共に歩む、米田昭子 慢性腎不全と共に生きる人への支援、57-62、病院と地域との看護をつなげる、167-172、2009年6月.

・日本糖尿病教育・看護学会編:糖尿病看護 フットケア技術、米田昭子 第7章 フットケア記録と評価、149-167、日本看護協会出版会、第3版、2013年7月.・日本糖尿病教育・看護学会編集:糖尿病に強い看護師育成支援テキスト、 米田昭子 合併症により機能障害をきたした患者への援助、209-211、日本看護協会出版会、2008年9月

・安酸史子監修:糖尿病患者さんへのフットケア はじめの一歩 米田昭子 フットケアの概念、フットケアをはじめよう、36-43、 アセスメント用紙、96-121、メディカ出版、2006年3月.

・佐藤昭枝監修 米田昭子編集:ケースだからわかる 糖尿病とともに生きる人々へのナーシングアプローチ 、メディカ出版、2004年10月.

 

その他

・日本糖尿病教育・看護学会 第21回学術集会大会長 (甲府)

・平成29年度(第10回)糖尿病療養指導鈴木万平賞受賞

・糖尿病患者へのエンボディメントケアワークショップの開催 

 野並葉子教授らが開発したエンボディメントケアのワークショップ 講師 を担当 (2010年~現在)

・日本糖尿病教育・看護学会の委員会活動の一環として、糖尿病合併症予防(フットケア)研修プログラムの作成と研修会へ取り組んだ。