氏名(職名)

宗村 弥生(准教授)

所属学部・学科

看護学部

専門分野

小児看護学

学位

法政大学人間環境学部(人間環境学士)

東洋英和女学院大学院人間科学研究科(人間科学修士)

青森県立保健大学大学院健康科学研究科(健康科学博士)

職歴

東京女子医科大学病院 看護師

東京女子医科大学 看護学部 助手

東京女子医科大学 看護学部 助教

青森県立保健大学 健康科学部看護学科 講師

山梨県立大学 看護学部 准教授 (2015年4月より)

 所属学会

日本小児看護学会、日本小児保健協会、日本小児循環器学会、日本看護科学学会、日本家族看護学会、ヒューマンケア科学学会、日本小児がん看護学会

学内委員

入試委員(学部)、研究倫理審査委員、看護学部教務委員(2015~2016)、看護学実習委員(2015、2017)、研究科教務委員(2016~2017)、研究科目コーディネーター(2016-2017)

本学における担当科目

小児看護学Ⅰ、小児看護学Ⅱ、ヘルスアセスメント実践論、小児看護学実習Ⅰ、小児看護学実習Ⅱ、看護実践基礎看護技術Ⅱ、看護統合実習、文献講読セミナー、研究セミナー、人間発達援助論、救急法

 研究等の内容・実績

【論文等】

・宗村弥生,中村由美子(2016),児童の保健行動に影響する要因-共分散構造分析を中心にして-,小児保健研究,474-482.(原著)

・宗村弥生,小川純子,日沼千尋,横山奈緒実(2013):心臓カテーテル検査を受ける子どもと家族に関する国内看護文献レビュー,日本小児看護学会誌,22(3),63-69.(資料)

・田久保由美子,宗村弥生,臼井雅美 他(2011):生体腎移植を受ける子どもと親へのプレパレーションの取り組み 第1 報-活動の経緯と看護者の意識の変化-,日本小児看護学会誌,20(1),93-99.(実践報告)

・佐藤玲美,田久保由美子,宗村弥生他(2011):生体腎移植を受ける子どもと親へのプレパレーションの取り組み 第2 報-7 事例の検討-,日本小児看護学会誌,20(1),100-106.(実践報告)

・宗村弥生,田久保由美子,奥野順子他(2010),先天性心疾患の子どもをもつ母親の医師からの説明に対する思いと対処,小児保健研究,69(1),31-37.(原著)

・田久保由美子,宗村弥生,奥野順子,村松久江,日沼千尋(2007):先天性心疾患の子どもをもつ保護者への説明に対する医師の意識,小児保健研究,67(4),625-631.(原著)

【総説等】

・宗村弥生(2016),観察と測定に関する看護援助 子どもの状態の把握,小児看護臨時増刊号,39(8),918-924.

・宗村弥生(2016),観察と測定に関する看護援助 バイタルサイン測定,小児看護臨時増刊号,39(8),925-935.

・水野芳子,小川純子,宗村弥生,他7名(2016),小児循環器看護の専門性と教育ニーズの明確化-看護ガイドラインを用いた研修を通して-,木村看護教育振興財団看護研究集録,23,91-99.(研究報告書)

・宗村弥生(2013):【心臓カテーテル検査・治療を受ける子どもの看護 安全安楽を目指して】知っておきたい知識 心臓カテーテル検査・治療の流れと看護,小児看護,36(13),1725-1731.(総説)

・原 三紀子,宗村弥生,北 素子(2010):看護領域におけるアロマセラピー研究の動向と課題,看護実践の科学,35(8),58-65.(特別寄稿)

・宗村弥生(2009):心に響くInformed consent 説明する医師の意図とそれを聞く母親の思い,日本小児循環器学会雑誌,25(4),586-589.(総説)

・宗村弥生,田久保由美子(2008):先天性心疾患患児の親へのインフォームド・コンセント,へるす出版,小児看護,vol31(12),1633-1638.(総説)

・宗村弥生、日沼千尋(2003):特集 先天性心疾患の最新の治療とケアのポイント -術前・術後のケアのポイント-,へるす出版,小児看護,vol26 No10,1382-1386.(総説)

【学会発表】(過去5年掲載)

・小川純子,宗村弥生他(2017);入院中の循環器疾患の子どもと家族への看護実践-小児看護専門看護師のプロセスレコードから-,日本看護科学学会 第37回学術集会講演集,p148.宮城.

・對馬武文,志村美智子,川名由美,宗村弥生(2017);転倒転落アセスメントツール使用前後の看護師の認識の変化とA病棟での実施上の課題-Child falls Risk Aseessment Toolを使用して-,日本小児看護学会第27回学術集会講演集,p258.京都.

・Yayoi Munemura, Yoshiko Mizuno, Junko Ogawa, Naoko Kurita(2016):Background and aims: Although nurses in pediatric cardiology units are required to have a high levelThe Characteristics of Nursing for Children with Cardiovascular Disease and the Actual State of Nursing Education in Japan,28th International Congress of Pediatrics,Aug 16-22,Vancouver Canada.

・栗田直央子,宗村弥生,小川純子他7名(2016):臨床における小児循環器看護の教育の現状と課題,第26回学術集会講演集,p286.

・宗村弥生,中村由美子,伊藤耕嗣,田中栄利子,大脇万起子(2014):子どもの保健行動に関連するモデルの構築―共分散構造分析を用いての検討―,第34回日本看護科学学会学術集会講演集,608,第34回日本看護科学学会学術集会 11月 名古屋.

・中村由美子,宗村弥生,大脇万起子,伊藤耕嗣,田中栄利子(2014):小児肥満に影響する要因の検討-肥満傾向児出現率の高い地域と低い地域との比較-,第34回日本看護科学学会学術集会講演集,608,第34回日本看護科学学会学術集会 11月 名古屋.

・小川純子,宗村弥生,水野芳子他(2014):心臓カテーテル検査・治療を受ける子どもの看護ガイドラインの評価-Appraisal Guideline for Research & Evaluation(AGREE)を参照して-,日本小児循環器学会雑誌 30巻,408,第50回 日本小児循環器学会学術集会 7月 岡山.

・Yayoi Munemura, Y. Nakamura, E. Naijo, K. Ito(2013):A survey of the physical activity of elementary school children and junior high school students in an area with high obesity prevalence , ACCYPN conference 2013 4th International Congress on Paediatric Nursing, p81. August Australia .

・笹川みちる,本多有利子,水野芳子,宗村弥生,小川純子,日沼千尋(2013):小児心臓カテーテル検査・治療後の安静に対する看護師の認識についての実態調査-看護師が考える安静とそれを保つためのケア-,日本小児看護学会 第23回学術集会講演集,111,第23回 日本小児看護学会学術集会,7月 高知.

・小川純子,中西敏雄,宗村弥生,他(2013):子どもの心臓カテーテル検査・治療における施設での基準と実施状況 看護ガイドライン作成に向けて,日本小児循環器学会雑誌,29巻,361,第49回 日本小児循環器学会学術集会,7月 東京.

・水野芳子,半田浩美,本多有利子,笹川みちる,栗田直央子,宗村弥生(2013):心臓カテーテル検査を受けた子どもの体験と思い,日本小児循環器学会雑誌,29巻,367,第49回 日本小児循環器学会学術集会,7月 東京.

・宗村弥生,中西敏雄,中村由美子,他(2013):子どもの心臓カテーテル検査・治療における施設での基準と実施状況-看護ガイドライン作成に向けて-,日本小児循環器学会雑誌,29巻,360,第49回 日本小児循環器学会学術集会,7月 東京.

・半田浩美,水野芳子,本多有利子,笹川みちる,栗田直央子,宗村弥生(2013):心臓カテーテル検査・治療を受ける子どもの親の体験,日本小児循環器学会雑誌,29巻,367,第49回 日本小児循環器学会学術集会,7月 東京.

・杉本晃子,宗村弥生,中村由美子 他(2012):病気や介護を要する家族メンバーをもつ家族の家族機能の特徴,日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集,133,第19回 日本家族看護学会学術集会 東京.

・小川純子,宗村弥生,日沼千尋(2012):心臓カテーテル検査を受ける小児と家族への看護に関する文献検討,日本小児循環器学会雑誌 28巻,367,第48回 日本小児循環器学会学術集会 7月 京都.

・小川純子,三瀬尚子,宗村弥生他(2012):小児循環器学会看護セッションにおける研究テーマの変遷,日本小児循環器学会 28巻,362,第48回 日本小児循環器学会学術集会 7月 京都.

・宗村弥生,中村由美子,内城絵美他(2012):積雪地域における中学生の身体活動量の実態,小児保健研究 71巻講演集,205.第59回 日本小児保健協会学術集会 岡山.

・内城絵美,中村由美子,宗村弥生他(2012):積雪地域における小学生の身体活動量の実態,小児保健研究 71巻講演集,204.第59回 日本小児保健協会学術集会 岡山.

・内城絵美,中村由美子,宗村弥生他(2011):A県における小学生の活動の実態.第58回 小児保健協会学術集会 講演集,201,第58 回日本小児保健協会学術集会 愛知.

【テキスト等】

・中西敏雄編著:新版 病態生理からみた先天性心疾患の周術期看護,p248-256,メディカ出版,2015年.(分担執筆)

・中野綾美編:ナーシング・グラフィカ 小児看護学① 小児の発達と看護,手術を受ける子どもと家族への看護の項(P242-255)担当,メディカ出版,大阪,2006初版,2013第4版.(分担執筆)

・G-supple編集委員会編:場面でまなぶ小児看護学 改訂2版,循環器系疾患を持つ子どもと看護の項(p74-85担当),メディカ出版,2012.(分担執筆)

・G-supple編集委員会編:場面でまなぶ小児看護学,循環器系疾患を持つ子どもと看護の項(p106-1185担当),メディカ出版,2008.(分担執筆)

・平山正実編著:臨床死生学叢書 死別の悲しみに寄り添う,子どもを喪った遺族に対するグリーフケア(155-184P)の項担当,臨床死生学叢書,聖学院大学出版会,東京,2008.(分担執筆)

・日本小児看護学会編:小児看護辞典, 小児看護辞典の蹲踞(p515-516)、チアノーゼ(p545-546)、ばち状指(p657-658)、不整脈(p725-726)の項担当,へるす出版,東京,2007.(分担執筆)

受賞歴

日本小児保健協会 平成29年度研究助成賞 受賞

研究助成金による研究

・科学研究費助成事業基盤研究(C)「循環器疾患の子どもにかかわる看護師のための教育支援システム構築に向けた基礎的研究」研究期間2016-2018年 研究代表者

・科学研究費助成事業基盤研究(C)「児童の肥満予防に効果的な臨床看護師による健康教育プログラムの開発」研究機関2017-2019年 研究分担者(代表者:中村由美子)

・学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)「小学生の肥満に影響する要因の検討と予防のための健康教育の構築」研究期間: 2012- 2014年 研究分担者 (代表者:中村由美子)

・学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)「小児心臓カテーテル検査・治療後の安全・安楽のための看護ケアガイドラインの開発」研究期間 2011年 - 2013年  研究代表者

成果物掲載 http://jspccs.jp/wp‐content/uploads/20161111guideline.pdf 心臓カテーテル検査・治療を受ける子どもの安全・安楽のための看護ガイドライン

 ・学術研究助成基金助成金(基盤研究C)「先天性心疾患の小児と親へのインフォームドコンセントモデルの開発に関する実証的研究」研究期間:2004年 - 2007年  研究分担者 (研究代表者:日沼千尋)

社会活動・地域貢献

・山梨県実習指導者講習会「小児看護学」 講師

・Yちゃんの会(山梨県内の小児看護に携わる方の集い)

・日本小児循環器学会演題選考委員

・甲府市月齢別講座 育児の気がかり 講師

・日本小児循環器学会 多領域専門職委員(2012年~2017年)

・日本小児看護学会 国際交流委員(2011年~2017年)

・日本リハビリテーション看護学会 査読委員(2015年~)

受験生へのメッセージ 

子どもの看護の面白さ、奥深さを一緒に学んでいきましょう。