氏名(職名)

 

名取 初美(教授)

 

所属学部・学科

 

看護学部 看護学科

 

学歴・学位

 

山梨県立高等看護学院卒業

東京都立公衆衛生看護専門学校助産学科卒業

放送大学教養学部卒業

金沢大学大学院医学系研究科博士前期課程修了(修士 保健学)

金沢大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(博士 保健学)

 

職歴

 

浜松医科大学医学部付属病院助産師
山梨医科大学医学部付属病院助産師
同看護師長
同副看護部長

 

専門分野

 

母性看護学、助産学

 

所属学会等

 

日本助産学会、日本看護研究学会、日本母性衛生学会
日本母性看護学会、日本看護科学学会

 

学内委員

 

研究倫理審査委員会、大学院教務委員会、学部・大学院自己点検評価委員会、博士課程設置準備委員会、教育研究審議会、危機管理に関する検討会

 

本学における担当科目

 

母性看護学Ⅰ、助産診断技術学Ⅱ、助産管理学

助産新生児医療論、人間発達援助論、文献購読セミナー、研究セミナー

母性看護学実習、助産学実習、助産継続援助論実習

助産学特論Ⅰ、助産学特論Ⅱ、助産学特論Ⅲ、助産学特論Ⅳ、助産学演習、助産学特別研究

 

研究等の内容・実績

 

著書

助産師基礎教育テキスト第7巻(日本看護協会出版会)妊娠持続期間の異常のケア、産科手術の介助とケア担当p34-42、p161-170

新版 助産業務要覧 基礎編(第2版)(日本看護協会出版会)助産師の活動場所の特性と業務:病院・診療所担当p126-134

看護実践のための根拠がわかる母性看護技術(メジカルフレンド社)退院から出生後1か月までの新生児のケア担当p285-294

論文等
Experiences of women undergoing prolonged admissions for high-risk pregnancies, and their meaning (金沢大学つるま保健学会誌 30(2)169-177 2007)、

正常妊婦と外来通院切迫早産妊婦の生活活動内容と活動強度の比較(母性衛生 48(1) 74-81,2008)、

外来通院切迫早産妊婦の日常生活における活動と安静の方略(日本母性看護学会誌8 (1)31-36 2008)、

産後1ヶ月間における母親の児の泣きの解釈の変化(山梨県母性衛生学会誌、8、55‐61、2009)

Characteristics of the control of standing posture during pregnancy(Neourscience Letter,62,130-134, 2009)、

Comparison of changes in the pelvis and pelvic floor muscle function between normal pregnant women and pregnant women with cervical incompetence(金沢大学つるま保健学会誌、35(1) 27-35 2011)

「切迫早産妊婦の安静」の概念分析(山梨県立大学看護学部紀要 14,11-20 2012)

男性更年期障害に関する認知度の性差(山梨県母性衛生学会誌 12(1)、27-32 2013)

高校生の妊娠、出産、育児への認識(山梨県母性衛生学会誌 13(1)、9-15 2014)

A県の市町村におけるハイリスク妊産婦・新生児の情報把握と医療機関との情報提供(山梨県母性衛生学会誌 14(1)、1-6 2015)

祖父母の孫育てでの困りごとと「孫育て講座」へのニーズ(山梨県母性衛生学会誌 15(1)、1-8 2016)

Abdominal Circumference Correlates with Postural Sway of the Antero-Posteerior Axis in Pregnant Women(M J Gynec 1(1),1-6,2016)

女性のやせと妊娠や胎児・新生児の健康に関連についての高校生の知識(山梨県母性衛生学会誌 16(1)、1-8 2017)

妊娠期における育児準備が育児ストレス・育児不安に与える影響(山梨県立大学看護学部ジャーナル 3(1)、37-44 2017)

.母親の依頼による助産師訪問の実際と訪問後の母親の心理的変化(山梨県母性衛生学会誌16(1)、9-17 2017)

中高年女性の冷えの自覚と冷却刺激前後の指尖容積脈の関連(山梨県立大学看護学部看護学研究科研究ジャーナル4(1)、1-10 2018) 

学会報告
Loneliness and its related factors in mothers 1 month after childbirth(International Confederation of Midwives 2008)

妊娠・出産による身体心理的変化が重心動揺に与える影響(日本母性衛生学会 2009)

妊娠中期から後期における正常妊婦と子宮頸管無力症妊婦の骨盤底筋力の比較(日本助産学会 2009)

産後1年間の母親の孤独感の変化(日本母性衛生学会 2009)

妊娠中期から後期における正常妊婦と子宮頸管無力症妊婦の会陰腱中長の伸展の比較(日本助産学会 2010)

A県の市町村におけるハイリスク妊産婦・新生児の情報把握の現状と医療機関の連携(日本助産学会 2014)

指尖容積脈を用いた中高年女性の霊感刺激に対する血管反応と冷えの自覚の関連(日本看護研究学会 2012)

女子高校生における月経随伴症状と体格の関連(日本母性衛生学会 2012)

中高年女性の冷えの自覚と冷えに影響する要因(日本助産学会 2013)

A県の市町村におけるハイリスク妊産婦・新生児の情報把握の現状と医療機関の連携(日本助産学会 2014)

中高年女性の冷えの自覚と冷え性傾向の関連(日本助産学会 2014)

女性の妊孕性に関する成熟期男女の知識(日本母性衛生学会 2015)

いのちの学習会に参加した小学生の自尊感情の変化(日本助産学会 2016)

母親からの依頼による助産師訪問の実際と訪問後の母親の心理的変化(第18回日本母性看護学会 2016)

いのちの学習会に参加した中学生の自尊感情(日本助産学会 2017)

小学年低学年を対象とした「いのちの学習会」の学習効果-自由記載の分析から- (日本母性衛生学会 2016)

死産を経験した父親を対象とする助産ケアに関する文献検討(日本助産学会 2018)

高年初産負の産後の睡眠と疲労に関する文献検討(日本助産学会 2018)

双子の母親の育児に対する感情についての文献検討(日本助産学会 2018)

科学研究費助成等

平成16年 テレビ山梨サイエンス振興基金

平成21年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(研究責任者)

平成29年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(研究分担者)

平成30年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(研究分担者)

 

 

 

 

 

教育活動の実績

 

山梨大学非常勤講師(基礎助産学Ⅰ、助産診断技術学2005-2011)

 

社会活動・地域活動の実績

 

山梨県看護協会助産師職能委員長(2005-2012)
山梨県周産期医療協議会委員(2006-)
山梨母性衛生学会副会長(2010-2015)

山梨県母性衛生学会会長(2016-2018)
山梨大学院内助産評価委員(2009-2012)

第43回日本看護学会学術集会準備委員長

全国助産師教育協議会教育方法検討小委員会委員長(2013-2014)

全国助産師教育協議会教育検討委員会委員(2014-)

日本母性衛生学会評議員(2012-)

日本母性衛生学会利益相反委員会委員(2013-)

山梨県看護学会委員(2013-2016)

山梨県助産師会理事(2013-)
山梨県立大学看護学部同窓会事務局長(2009-2012)
山梨県臨床指導者講習会講師(2003-)
市立甲府病院看護部教育研修会講師(2003-2014)
富士吉田市立病院看護部研修会講師(2009-)
塩山北中学校思春期事業(2009)
山梨県消防職員専科教育救急科講義(2009-)

甲府市立千塚小学校「いのちの学習会」講師(2015-)

山梨県看護協会助産師出向支援事業協議会委員長(2015-)

 

提供できる地域貢献メニュー

 

妊産婦支援、子育て支援、性教育

 

教育・研究に対する抱負など

 

助産師として専門的知識・技術を駆使し自立して活動できる人材養成に取り組んでいます。

 

受験生の方へメッセージ

 

今は幅広い知識を持ち、さまざまな体験をすることが将来の自分の血や肉となります。豊かな人間性を持ち、専門的知識・技術が加われば、すばらしい看護職になれるでしょう。