氏名(職名)

 

泉宗 美恵(准教授)

 

所属学部・学科

 

看護学部看護学科

 

学歴・学位

 

山梨医科大学大学院医学系研究科修士課程 看護学修士号取得
順天堂大学大学院医学研究科博士課程 医学博士号取得

 

職歴

 

日本赤十字社医療センター 助産師
豊富村役場 保健師
上野原町役場 保健師
社団法人山梨県看護協会 継続教育課長 山梨県立大学看護学部 講師 

山梨県立大学看護学部 准教授 現在に至る

 

専門分野

 

在宅看護学

 

所属学会等

 

日本地域看護学会、日本在宅ケア学会
日本家族看護学会、日本健康学会
日本公衆衛生学会、日本看護研究学会
日本在宅看護学会、日本保健医療福祉連携教育学会、

看護質的統合法(KJ法)研究会、日本在宅医療連合学会

 

学内委員

 

全学FD・SD委員会(授業評価部会)、学部FD・SD委員会、大学院FD・SD委員会、カリキュラムプロジェクト

 

 

本学における担当科目

 

在宅看護活動論、在宅看護論実習、看護導入実習、専門職連携実習、看護実践総合演習、文献講読セミナー、研究セミナー、*在宅看護学特論Ⅰ、*在宅看護学演習、*在宅看護学実習(*は大学院科目)

 

研究等の内容・実績

【論文:査読あり】

●外来看護の在宅療養支援に関する文献検討,山梨県立大学看護学部・看護学研究科ジャーナル,Vol 5.No1.45-56.2019

●訪問看護師と介護支援専門員との連携の困難性と課題の構造―管理職にある訪問看護師のフォーカス・グループインタビューから―,日本地域看護学会誌,Vol.16(3),13-21,2014.

●専門職連携実践(IPW)に関する訪問看護師と介護支援専門員の意識,日本保健医療福祉連携教育学会誌;Vol.6,No1,11-21,2013

●「学際統合型専門職連携教育開発プロジェクト-看護・福祉学生協働による地域包括支援センターを核とした住民参加型ケアシステムをつくる-一環として実施した地域包括支援センター職員研修会の成果;山梨県立大学看護学部紀要Vol.13,No1,77-90,2011

●在宅療養者の医療ケアを行う家族の介護ストレスに及ぼす介護環境の影響;民族衛生Vol.76,No4,155-163,2010

●在宅ケアシステムの視点から見た山梨県内の継続看護の実態と連携のスムーズ性に関連する要因の検討 -異なる組織に所属する看護職間の連 携に焦点をあてて-;山梨県立大学看護学部紀要Vol.11,61-71,2009

医療依存度の高い高齢療養者を介護する家族の介護負担に影響を与える要因の検討 ―唾液中コルチゾールとアミラーゼを指標としてー;順天堂 医学VOL.54,No.3,405―406,2008

●主介護者である妻によって語られた看護の連携の意味;山梨県立看護大学紀要Vol.7,No.1,73-82,2005

【報告書等】 

●一般病院の外来における在宅療養支援に関する支援内容の検討 山梨県立大学地域研究交流センター2018年度研究報告書 2019 . 

●新卒訪問看護師の進路選択から就業6ヶ月までの心の変化 ―Y県訪問看護ステーションに採用された2名の訪問看護師のインタビューからー,公益財団法人フランスベット・メディカルホームケア研究助成報告Vol.28 49-65 2018

●在宅療養者及び療養病床入院患者等に係る実態調査報告書ー在宅医療に関わる病院・診療所調査ー,山梨県・山梨県立大学,2017                                         

●地域包括ケア時代の看看連携 実践事例集【第3章 連携に役立つ知識・ツール編】(2)「その人らしく」を支える連携で実現する質の高い退院支援マネジメント ナーシングビジネス2016年夏季増刊号 113-140 2016.

●ケアマネジメント実践プロセスにそった事例検討形式による介護支援専門員研修の効果に関する研究,平成25年度山梨県立大学看護学部共同研究報告書,2014

●在宅ケアにおける専門職連携実践推進に必要な実践力に関する研究―訪問看護師と介護支援専門員の連携の実態に焦点をあててー山梨県立大学地域研究交流センター2011年度研究報告書,1-42,2012.

●認知症高齢者を介護する家族への地域住民ピアサポーターによる支援の有効性,平成21年度山梨県立大学共同研究費助成研究成果報告書,2010

●看護職と介護職の連携に関する調査報告書,山梨県立大学地域研究交流センター2008年度研究報告書,2009

●医療依存度の高い高齢療養者を介護する家族の介護負担に影響を与える要因の検討―唾液中コルチゾールとアミラーゼを指標としてー,順天堂大学老研センター研究奨励費補助金研究報告書,2008

●在宅ケアシステムの視点からみた山梨県の継続看護の実態に関する研究,山梨県立大学共同研究費助成研究成果報告書,2008

●地域に貢献できる小規模多機能施設の介護予防活動のあり方に関する研究―施設利用者の介護予防ニーズの実態からー,木村看護教育振興財団看護研究助成事業看護研究集録14号,2007

●訪問看護師が行う在宅ケアマネジメントの有効性に関する研究,木村看護教育振興財団看護研究助成事業,看護研究集録13号,2006

 

教育活動の実績

 平成20〜22年度 文部科学省 質の高い教育推進プログラム採択(教育GP)『学際統合型専門職連携教育開発プロジェクト』

平成25年度~COC地域志向教育研究「ふれあい重視」の在宅ケア・ネット構築プロジェクト

 

職務上(実務上)の実績

 

  • 在宅ケア現場の訪問看護師や介護支援専門員と協働して事例検討会や学習会を企画・実施
  • 在宅ケアに関わる看護職とともに実践現場において看護の連携や在宅ケアシステムを推進するための研修や調査研究を実施

 

社会活動・地域活動の実績

【行政・職能団体等の活動】

韮崎市認知症対策連携強化事業スーパーバイザー  峡南地域保健医療福祉広域連携会議 委員 

甲府市在宅医療・介護連携推進会議(ワーキング座長) 甲府市「顔の見える関係づくり交流会」実行委員会

山梨県看護協会訪問看護等在宅ケア推進委員会委員 山梨県トータルサポートマネジャー養成研修検討会委員 他

【講演等の活動】

山梨県訪問看護認定講習 山梨県看護協会5地区支部主催「退院支援マネジメント」研修会

山梨県看護協会退院支援を推進するための研修会 山梨県委託退院支援推進事業看護管理者研修 

山梨県看護協会主催トータルサポートマネジャー養成研修 峡南保健所管内地域医療連携推進看護管理者研修 他    

 

提供できる地域貢献メニュー

 

山梨に密着した在宅ケアのあり方やその活動の向上に関する学習会の企画や研究活動支援 等

 

教育・研究に対する抱負など

 

在宅看護は、地域で療養する人とその家族が望む生活の質を維持し、自立支援の視点から生活の場における高度な看護実践を提供していくことが求められる。同時に、保健医療福祉の関係機関や多職種と協働してケアを提供するシステムが必要とされる。こうした在宅看護のニーズに応えるための看護実践力の質向上やケアシステムの開発に貢献したいと考える。

 

受験生の方へメッセージ

 

在宅看護学では、健康問題や障害を抱えながらも、住み慣れた環境で自分らしく過ごしたいという方々の希望をかなえられるように、療養者・家族と共に考え支援していくことを追求していきます。共に学び考えていきましょう。