氏名(職名)

 

佐藤 悦子(教授)

 

所属学部・学科

 

看護学部・看護学科

 

学歴・学位

 

国立公衆衛生院専攻課程看護コース修了
山梨大学大学院教育研究科修士課程 学校教育専攻(教育学修士)
山梨大学大学院医学工学総合教育部博士課程人間環境医工学専攻(医科学博士)

 

職歴

 

1978年 山梨県保健師
1982年 山梨県立高等看護学院 専任教員
1995年 山梨県立看護短期大学 講師
1998年 山梨県立看護大学看護学部 講師
2002年 同 助教授 同大学院看護学研究科 兼務
2005年 山梨県立大学看護学部 助教授 同大学院看護学研究科 兼務
2007年 同 教授 同大学院看護学研究科 兼務
2009年 同 学部長・教授  

2013年 図書館長・教授

2017年 大学院看護学研究科長 (現在に至る)

 

 

専門分野

 

在宅看護学

 

所属学会等

 

日本地域看護学会 日本看護科学学会 日本看護研究学会
日本看護教育学会 日本家族看護学会 日本公衆衛生学会 

日本在宅看護学会  日本疫学会 

看護質的統合法(KJ法)研究会(会長)

 

学内委員

 

 大学院自己点検評価委員会 大学院教務委員会 大学院博士課程設置準備委員会
看護実践開発研究センター運営委員会 危機管理検討会 など

 

本学における担当科目

 

<看護学部>
在宅看護概論 在宅看護活動論 家族看護学 災害看護論 在宅看護学実習  専門職連携実習 

 

<看護学研究科>
在宅看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 在宅看護学演習 在宅看護学実習 在宅看護学特別研究

 

研究等の内容・実績

 

<論文等>査読あり

主介護者である妻によって語られた看護の連携の意味(山梨県立大学看護学部紀要 7-1 73-82 2005)
地域に貢献できる小規模多機能施設の介護予防活動のあり方に関する研究(木村看護研究振興財団研究報14 27-38 2007)
在宅ケアシステムの視点からみた山梨県内の継続看護の実態と連携のスムーズ性に関連した要因の検討(山梨県立大学看護学部紀要11 61-71 2009)

「学際統合型専門職連携教育開発プロジェクトー看護・福祉学生協働による地域包括支援センターを核とした住民参加型ケアシステムを作るー一環として実施した地域包括支援センター職員研修会の成果(山梨県立大学看護学部紀要Vol.13 No1 77-90 2011

看護学部・人間福祉学部の学生による専門職連携教育の成果と課題:学生の自己評価からの検討(日本保健医療福祉連携教育学会誌Vol.4 No.1 12-23 2011)

スピリチュアリティ評定尺度(SRS)によるスピリチュアリティに影響を及ぼす要因の検討(日本地域看護学会誌Vol.15 No.2 73-80 2012

専門職連携実践(IPW)に関する訪問看護師と介護支援専門員の意識(日本保健医療福祉連携教育学会誌 Vol.6 No1 11-21 2013)

認知症を持つ在宅療養者の食生活への支援(日本早期認知症学会誌6(1) 28-33 2013

訪問看護師が持つ介護支援専門員との連携に関する認識の実態(山梨県立大学看護学部紀要 Vol.16 21-30 2014)

訪問看護師と介護支援専門員との連携の困難性と課題の構造ー管理職にある訪問看護師のフォーカス・グループインタビューからー(日本地域看護学会誌 Vol.16(3),13-21 2014

 

 


<著書>
新版 保健師業務要覧 分担分 難病対策と在宅ケア(日本看護協会出版会480-486 2008)


<学会報告>
領域が異なる看護職が事例検討会を重ねていくことの意味(第36回日本看護学会―地域看護 2005)
看護介入効果の生理学的・数量的評価法について第1報・第2報(第9・10回日本地域看護学会2006・2007)
看護職間の連携がスムーズに図れたと認識している看護職とその職場体制の特徴(第12回日本地域看護学会2009)

認知症高齢者の介護者へのピアサポート後の介護意識の変化(第二報)ー配偶者を介護する高齢期女性を対象としてー(日本家族看護学会第18回学術集会 2011.6)

認知症高齢者の介護者へのピアサポート後の介護意識の変化(第一報)ー親を介護する中年期女性を中心としてー(日本家族看護学会第18回学術集会 2011.6)

認知症の配偶者を介護する女性への地域住民ピアサポーターの関わり(第16回日本在宅ケア学会学術集会 2012.3)

認知症高齢者を介護する家族へのピアサポートの有効性ー無作為割付対照研究(第71回日本公衆衛生学会総会抄録集 398 2012.10)

専門職連携(IPW)に関する訪問看護師と介護支援専門員の認識の実態(第2報)(第17回日本在宅ケア学術集会 123 2013.3)

定期巡回・随時対応型サービス提供者の思いの様相ーサービス提供者へのインタビューからー(第18回日本在宅ケア学会学術集会 148 2014)

在宅療養児とその家族を支える多職種チームにおける連携の実態ー在宅療養児1事例に関わる専門職へのインタビューからー(山梨看護学会講演集 第21巻第1号 2014)

ケアマネジメントの実践力向上のための介護支援専門員更新研修の効果(第16回山梨県公衆衛生研究発表会 2014)

A氏の胃瘻造設に対する意志決定から今後のA氏の意志決定における訪問看護師の果たす役割を考える(平成26年度山梨看護学会 2014.12)

 


<その他>
看護の連携のガイドラインを載せた冊子を作成(コミュニティケアvol 18 no3 30-31 2006)
継続看護の実態とそれに関連する要因に関する調査報告書(山梨県看護協会・県医務課・県立大学看護学部2009)

時評「在宅」を支える医療・福祉の連携(山梨日日新聞,2012.9.30)

在宅ケアにおける専門職連携実践(IPW)推進に必要な実践力に関する研究ー訪問看護師と介護支援専門員の連携の実態に焦点をあててー(山梨県立大学地域研究交流センター2011年度研究報告書1-42 2013.3)

レスパイト等介護負担軽減に関する検討委員会報告書(山梨県レスパイト等介護負担軽減に関する検討委員会 2013.3)

学長プロジェクト「大規模災害時における本学の果たすべき役割と機能に関する課題と対策」実施報告書(2014.3)

ケアマネジメント実践プロセスにそった事例検討形式による介護支援専門員研修の効果に関する研究(平成25年度山梨県立大学看護学部共同研究報告書 2014)

時代を読む「災害対策、平時から意識を」(山梨日日新聞 2014.11.7)

学長プロジェクト「大規模災害時における本学の果たすべき役割と機能に関する課題と対策」(2012ー2013)代表者

 

 

 

教育活動の実績

 

文部科学省「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」採択 2008-2010)代表者

文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC)」プロジェクト:“ふれあい重視”の在宅ケア・ネット構築プロジェクト(2013-2015)代表者

 

 

社会活動・地域活動の実績

 

*だれでもが住み慣れた地域で安心して住み続けられるために、看護の専門職として互いに質を高め合いながらネットワークを組んで仕事ができることを目指して活動しています。

 


山梨県看護協会 副会長  

山梨県認知症対策推進協議会 座長

山梨県地域包括ケア推進協議会 委員

甲府市中心街活性化基本計画策定委員会 委員

甲府市地域包括支援センター運営協議会 委員長

甲州市社会福祉協議会 苦情解決第三者委員会 委員

山梨県中北保健所管内在宅ターミナルケア推進会議 委員

山梨県中北保健所「想いのマップ」検討会 委員

定期巡回・随時対応型訪問介護・看護医療連携推進会議 座長


山梨県認知症モデル地域支援体制構築推進事業 山梨市コーディネーター
認知症対策連携強化事業 スーパーバイザー山梨市・韮崎市
山梨県介護実習普及センター協議会 座長

山梨県看護協会 副会長

山梨県看護看護協会在宅ケア推進委員会 委員長(2002ー2008)

山梨県看護協会訪問看護師養成研修コアカリキュラム検討会 委員

山梨県看護協会新人訪問看護師養成事業検討会 委員

山梨県訪問看護ステーション運営協議会 委員

 


山梨県介護支援専門員専門課程Ⅱ更新研修 講師
山梨県訪問看護師認定講習 講師
山梨県臨床実習指導者講習会 講師
山梨県保健師等臨床研修 講師
山梨県内における継続看護研修会 講師

 

〜県内各地で看護職のネットワークづくりやその人のニーズに応えるための継続看護のあり方を地区の看護職と共に検討し推進しています。〜

 

山梨市中牧地区「生き生きを語る会」コーディネーター

訪問看護における記録検討会(山梨県看護協会)アドバイザー
産業看護講座基礎コース「保健面接技術」「コミュニケーション技術」山梨県産業保健推進センター  講師
産業看護講座N短縮コース「保健指導の考え方と実践方法」山梨県産業保健推進センター 講師

峡南保健所管内「多職種合同事例検討会 コーディネーター

甲州市多職種合同事例発表会 アドバイザー

山梨県認知症シンポジウム 座長(2013.9)

池田地区老人会「災害時の備え」講師(2013.6)

 

 

講演
「在宅療養を支える」山梨県立大学春季総合講座2009
「在宅医療を支える」富士川町山梨県立大学講座2010
「事例に学ぶ 退院後の生活を見据えた地域連携」山梨県看護協会

「その人らしさを支援するためにー在宅看護の立場からー」峡東地区支部研修会2011 2013 2014

「在宅医療フォーラム・記念講演」峡東地区研修会2013 峡北地区研修会2013

「療養する方に寄り添うための看護の連携」中北保健所管内継続看護窓口担当者研修会 2013 2014

 

「その人らしさを支える在宅医療」山梨県立日川高等学校PTA研修会2014

「地域移行支援のための連携はどうあったらよいのか」山梨県精神病院協会研修会2014

 


シンポジスト
「老いても病んでも安心して生活できるケアの連携」第36回日本看護学会 地域看護2005


その他
「地域で看護を考える会」主宰(1994〜現在に至る)

 

〜毎月、様々な職域で働く看護職が集まり、対象のニーズに沿ったより質の高い看護実践を目指して事例検討会を重ねています。会員約30名〜

 

提供できる地域貢献メニュー

 

専門職連携・継続看護のための連携等に関すること
在宅看護に関すること

訪問看護師の教育・研究に関すること
在宅療養者を中心とした地域連携・ネットワークづくりに関すること

 

教育・研究に対する抱負など

 

だれでもが安心して住み慣れた地域で生活し続けられるために看護専門職としてできることを追求していきたいと考えています。

 

受験生の方へメッセージ

 

看護のおもしろさを実感しながら、より質の高い看護専門職を共に目指しませんか。心よりお待ちしています。