氏名(職名)

稲垣順子(教授)

所属学部・学科

看護学部

学歴・学位

平成10年 北里大学大学院看護学研究科修了 修士(看護学)

平成19年 山口大学大学院医学研究科医学博士課程修了 博士(医学)

職歴

山口大学医学部附属病院看護師(整形外科病棟)

山口大学医療技術短期大学部助手(基礎看護学、成人・老人看護学)

山口大学医学部医学科助手(医療環境学)

山口大学医学部保健学科助手(臨床看護学講座)

山口大学医学部保健学科講師・助教授(基礎看護学講座)

山口大学大学院医学系研究科准教授(基礎看護学講座)

山梨県立大学看護学部教授(基礎看護学領域)

専門分野

 基礎看護学

所属学会

日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本衛生学会、日本産業衛生学会、日本睡眠学会、Honor sciety of Nursing Sigma Theta Tau International、  Society of Nursing and Health Science

学内委員

研究科目コーディネーター(2015年)

全学教育委員(2015年~2016年)

教務委員会(2015年~2016年、2016年:副委員長)

大学質保証委員会委員(2016~現在に至る)

看護学部実習委員会(2017年~2018、2017~2018年:委員長)

看護実践開発研究センター運営委員(2017年~現在に至る、新人看護職員多施設合同研修企画委員)

環境委員会委員(2019年~現在に至る)

看護研究学術集会準備委員会委員(2019~現在に至る)

教育委員会大学院委員(2019~現在に至る)

 

本学における担当科目

(学部)スタートアップセミナー、看護学概論、基礎看護技術論Ⅰ、ヘルスアセスメント基礎論、文献購読セミナー、看護研究セミナー、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、専門職連携実習

(大学院)基礎看護学特論Ⅰ、基礎看護学特論Ⅱ、基礎看護学特論Ⅲ、基礎看護学特論Ⅳ、基礎看護学演習、特別研究

研究等の内容・実績

<学位論文>

1.稲垣順子:入浴のタイミングが睡眠に及ぼす影響に関する研究.山口大学大学院医学系研究科,博士論文,2007年9月.

2.稲垣順子:喉頭全摘術を受けた患者のパターン認識の過程-苦悩状態が長く続いた人とのパートナーシップを通して-.北里大学大学院看護学研究科,修士論文,1998年2月.

<英文論文>

1.Atsuko Kawamura, Junko Inagaki, Seiji Umemoto, Katsuko Kjiya, Hiroko Kishi, Makoto Mitarai, Hiroshi Odai, Sei Kobayashi :Dietary Adherence, Self-Efficacy, and Health Behavior Change of WASHOKU-modified DASH Diet: A Sub-analysis of the DASH-JUMP Study.Current Hypertension Reviews,Article ID30887927,2019 Mar 18

 

2.Chizuru Nagata,Hironori Yada,Junko Inagaki :Exploration of the Factor Structure of Burden Experienced by Individual Providing End-of-Life Care at Home.Nursing Research and Practice,Article ID1659040, 9pages,2018

 

3.Atsuko Kawamura, Katsuko Kjiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto, Sei Kobayashi :The nutritional characteristic of hypotebsive WASHOKU-modeified DASH diet:a sub-analysis of the DASH-JUMP study.Current Hypertension Research:14(1)56-65, 2018.

 

4.Atsuko Kawamura, Katsuko Kjiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto, Sei Kobayashi : Effect of the DASH-JUMP dietary intervention in Japanease participants with high-normal Blood pressure and stage1 pressure hypertension: an open-label single-arm traial.Hypertension Research 39(11) 777-785,  2016.


5.Junko Inagaki, Mahbub Md. Hossain, Noriaki Harada : Effects of timing of warm bathing on night sleep in young healthy subjects.The bulletin of the Yamaguchi Medical School: Vol.54, No29-17, September 2007.


6. Mahbub MH, Masaiwa Inoue, Kenjiro Yokoyama, Laskar MS, Hirone Ohonari,Kumiko Sizu, Junko Inagaki, Yukio Takahashi , Noriaki Harada : Assessment of room temperature influence on finger blood flow response induced by short-term grasping of vibrating handle.Int Arc’ Occup Environ Health: 22-26, March 2006.


7. Laskar MS, Kayo Oomraspan, Masaiwa Inoue, Kenjiro Yokyama,Junko Inagaki, Yukio Takahashi, Mahbub MH, Hirone Ohoari, Noriaki Harada: Effect of room temperature on percentage finger systolic blood pressure response to finger cooling. Eur J Applied Physiology: 626-632,June 2005.


8.Masaiwa Inoue,Hideko Morita,Junko Inagaki,Noriaki Harada:Influence ofdifferences in their jobs on cardiovascularrisk factors in maleblue-collar shift workers in their fifties.Int J Occup Environ Health :313-318,July 2004.


9.Kumiko Suizu,Takae Fujimura,Hideko Morita, Junko Inagaki ,Horohiko Kan,Noriaki Harada:Influence of waterproof Covering on Finger Skin Temperature and Hand Pain during Immersion Test for Diagnosing Hand-arm Vibration Syndrome.IndustrialHealth:79-82,June 2004.


10.Masaiwa Inoue,Takae Fujimura,Hideko Morita,Junko Inagaki,Horohiko Kan,Noriaki Harada:A comparison of heart rate during rest and work in shift workers with different work styles.Industrial Health:343-347,June 2003.

  

11.Junko Inagaki,Junko Yoneda,Misae Ito,Hiroshi Nogaki:Psychophysiological Effect of Massage and Shiatsu While in the Prone Position with Face Down.Nursing & Health Sciences: 4(3),P A5–A6,September2002.

       

12.Noriaki Harada,Toshihiro Fukuda, Seiichiro Takahashi, Takae Fujimura,Hideko Morita,Junko Inagaki:Kumiko Suizu:Occupational Exposure Limit for Hand-arm Vibration in Japan.International on Hand-arm Vibration :CD-ROM 1, No999,December 2001.


13. Noriaki Harada, Seiichiro Takahashi, Takae Fujimura, Hideko Morita,Junko Inagaki: Occupational exposure limit for hand-arm vibration of the Japan Society for Ocupational Health. Society for Occupational Health. Pth Congress International on Hand-arm Vibration. NS 242 Note Science & Technique: 90-95 September 2001.

<和文論文>

1.森藤けい, 小林紅美, 坂本初代, 小林千鶴, 稲垣順子:緊急透析導入患者の食事療法に影響をもたらす要因の探索, 第48回日本看護学会論文集 慢性期看護:75-78, 2017年7月.

2.河村敦子,稲垣順子:壮年期から中年期の就労者における初回心筋梗塞患者の体験に関する現象学的研究.山口医学,Vol.64 No2,69-78,2015年5月.

3.生田奈美可,稲垣順子,浅井美穂,佐藤美幸:一般病棟で働く看護師が者から受けた暴力に関する現象学的研究 暴力の実際とサポート体験の意味.宇部フロンティア看護学ジャーナル,No1:11-20,2012年3月.

4.河田美絵子,植田奈々,藤田佳子,稲垣順子,石井智香子:糖尿病性腎症で透析をしている患者の配偶者の体験.第38回日本看護学会論文集 成人看護Ⅱ:163-165,2008年9月.

5.瀧典子,浅野友美,三好茂奈,石井智香子,稲垣順子:糖尿病性腎症で透析導入期にある患者の体験.第38回日本看護学会論文集 成人看護Ⅱ:138-139,2008年9月.

6.河村敦子,山田恵美子,長尾佳子,上田眞理子,石井智香子,稲垣順子:脳血管疾患患者家族が患者の自宅退院を意思決定する過程における体験―現象学的アプローチによる聴くという介入を試みて―.第37回日本看護学会論文集 地域看護:74-76,2007年3月

7.谷昭子,堤隆子,国安紀恵,石井智香子,稲垣順子:上部消化管検査を受ける患者への背部マッサージの効果.第37回日本看護学会論文集 成人看護Ⅱ:165-167,2007年2月.

8.野上裕子,三好幸子,弘中英子,石合綾子,佐藤亜子,生本敬子,東美幸, 石井智香子,稲垣順子:在宅で暮らしている終末期肺がん患者の妻の体験.第37回日本看護学会論文集 成人看護Ⅱ:98-100,2007年2月.

9.西田友美,立山莉紗,平碰陽,山領志奈,石井智香子,稲垣順子:腹臥位保持中の苦痛に対する腰背部マッサージの効果.第37回日本看護学会論文集 看護総合:182-184,2006年12月.

10.丹野佳南子, 藤本恵美, 佐原奈美, 高尾藍子, 石井智香子, 稲垣順子:シーツを用いた患者搬出における看護師の生体負担と所要時間.第36回日本看護学会論文集 看護総合:319-321,2005年11月.

11.邑田真紀子, 三好樹里, 河本敦子, 上田佳奈, 稲垣順子, 石井智香子:湯温44℃の足浴がもたらす覚醒効果.第36回日本看護学会論文集 看護総合:97-99,2005年11月.

12.藤本理恵,野田みゆき,大田由江,田邉典子,縄田敏子,稲垣順子,石井智香子:外来化学療法導入期のがん患者の体験.第35回日本看護学会論文集 成人看護II:382-384,2005年1月.

13.稲垣順子,遠藤恵美子:長期間苦悩状態を体験している喉頭全摘出術後患者のパターン認識の過程.日本がん看護学会誌,:25-35,2000年9月.

14.稲垣順子,石井智香子:看護作業時のベッドの高さに関する研究―ベッド上で患者を持ち上げベッドサイドに移動する動作からの検討―.第27回日本看護学会集録 看護管理:187-189,1996年9月.

15.稲田由美子,石井智香子,稲垣順子:防水シーツの選択法と使用時の看護に関する検討―防水シーツ使用時の寝床内温湿度と不快感からの分析―.第27回日本看護学会集録 看護総合:195-198,1996年7月.

16.石井智香子,稲垣順子:看護基礎教育終了時の問題解決に対する態度と今後の課題.第25回日本看護学会集録 看護管理:166 -168,1994年9月.

17.稲垣順子,石井智香子:腰部損傷予防のための適切な看護作業域に関する検討.第25回日本看護学会集録 看護管理:196-198,1994年9月.

18.松永彌生,稲垣順子:看護学生の集中治療室実習への適応―YG性格検査・STAI・不安項目からの分析―.第24回日本看護学会集録 看護教育:18-21,1993年8月.

19.稲垣順子,石井智香子:体位変換時の足跡の実態―適正とされているベッドの高さでの検討−.第24回日本看護学会集録 看護総合:178-180,1993年7月.

20.松永彌生,稲垣順子,前田久美子,織田佳子,竹内佳子,舛尾美智:開腹術後患者の離床に適したベッドの高さの検討−表面筋電図・血圧・脈拍・自覚的訴えからの検討−.第23回日本看護学会集録 成人看護Ⅰ:177-180,1992年9月.

21.稲垣順子,松永彌生,光弘洋子,江川昭子,宣山貞美,村上亮子,渡邉さおり:開腹術後患者の早期離床方法

の検討−表面筋電図・血圧・脈拍からの検討−.第23回日本看護学会集録 成人看護Ⅰ:173−176.1992年9月.

<著書>(訳書・編書含む)

1.伊東美佐江,中尾富士子,稲垣順子,古賀明美,安田加代子,松浦江美,石川倫子,林みよ子,脇坂浩,平尾百合子,吉田秀美:新人ナースのためのもっとうまくなる注射・輸液・輸血のテクニック(山勢博彰監修),メディカ出版,吹田,2005年12月.

2.編著者 小田正枝 執筆者 小田正枝,山勢博彰,岡崎美智子,伊東美佐江,山勢善江,菊地登喜子,下舞紀美代,西脇友子,稲垣順子,土作幸恵,上玉利由美子,穴井めぐみ:看護過程がよくわかる本 看護理論を実践に活かす,照林社,東京,2002年3月.

3.編著者 大場正巳,遠藤恵美子,稲吉光子,執筆者 赤羽寿美,稲垣順子,今泉郷子,大西和子,数間惠子,河正子,久保五月,久米弥寿子,込山洋美,近藤まゆみ,齋藤亮子,坂下智珠子,佐藤蓉子,武田祐子,竹村華織,筒井真由美,中島修平,中島美知子,中山康子,久野多恵,牧野智恵,的場元弘,嶺岸秀子,美濃由紀子,吉田智美:新しいがん看護,242-246.ブレーン出版,東京,1999年6月.

4.著者:BettyNeumann監訳者:野口多恵子,河野庸二,塚原正人 訳者 飯野英親,石井智香子,稲垣順子,内野幸子,金山正子,戸部郁代,原田美佐,東玲子,平野由美子,藤澤怜子,塚原正人,村上京子,山内葉月,山勢博彰,吉村眞理,米田純子,伊藤幸子,岩本テルヨ,田中愛子,田中マキ子,野口多恵子,森山美知子:ベティ・ニューマン看護論(原著第3版),155-176,医学書院,東京,1999年11月.

5.編著者川本利恵子,共著者:松永彌生,稲垣順子,川本利恵子,金山正子,穐村郁代,遠山敏,看護実践コミュニケーション,51-54,廣川書店,京都,1993年8月.

<研究報告書>

1.大久保ひろ美、稲垣順子、阪野祐子、横井弥生:基礎看護学実習で陰部洗浄を実施する学生が抱く臨床看護師の指導に対する認識 平成29年度 山梨県立大学看護学部 共同研究費成果報告書 2018.

2.大久保ひろ美、阪野祐子、小沼久美、安原伊佐子、池谷容子、小野麻里、片桐由佳、稲垣順子:臨床看護師が抱く基礎看護学実習で臥床患者への陰部洗浄を行う学生に対する指導の認識 平成28年度 山梨県立大学看護学部共同研究費成果報告書 2017.

3.稲垣順子(研究代表者),永田千鶴,佐藤悦子:在宅における看取りを支える家族の介護力量アセスメント尺度の開発.2014年~2017年科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究 課題番号26671012),1-4,2018年5月

4.稲垣順子(研究代表者),原田規章:部分浴の方法・タイミングが睡眠に及ぼす影響の評価.2009年〜2011年科学研究費補助金(基盤研究C 課題番号21592693), 1-4,2011年5月

5.稲垣順子(研究代表者),原田規章:入浴のタイミングが睡眠に及ぼす影響の評価.2007年〜2008年科学研究費補助金(基盤研究C 課題番号19592445), 1-17,2009年5月

6.原田規章(研究代表者),大成博文,中村彰治,稲垣順子:マイクロバブル温浴の抹消循環改善効果とその条件.2007年科学研究費補助金(基盤研究C 課題番号19650145), 1-4,2009年5月

7.稲垣順子(研究代表者),生田奈美可,高橋早紀:在宅における看取りを支える家族の介護力量の概念分析.2008年度勇美記念財団完了報告書, 1-31,2009年6月

<その他の雑誌掲載論文>

1.石井智香子,稲垣順子:ノンコンプライアンス行動を認めた成人心疾患患者への患者教育実践-患者教育において「話を聴く」ことと「患者が語る」ことの意味-.看護学雑誌:902-905,2004年8月.

2.佐藤美保,稲垣順子,石井智香子,岡美智代,林ゆうな:ゼロからはじめる看護研究8いわゆる事例研究 新しい展開に向けて.看護学雑誌 :772-776,2000年8月.

3.稲垣順子,石井智香子,兼田知恵子,一柳由樹,岩本百合子,末森節子:足跡からみた看護学生の体位変換の実態と指導に関する検討.看護教育:463-469,1994年6月.

4.穐村郁代,稲垣順子,金山正子,津山和子,川本利恵子:赤血球沈降速度(血沈)測定法についての研究(2)−経済面からみた各種器具の検討−.看護技術:47-49,1992年12月.

5.稲垣順子,津山和子,金山正子,穐村郁代,川本利恵子:赤血球沈降速度(血沈)測定法についての研究―各種血沈測定方法に関するアンケート調査.看護技術:41-48,1991年7月.

6.松永彌生,渡邉昌子,稲垣順子:包帯交換の指導に関する一考察 臨床実習時の到達状況の検討を通して.臨床実習指導:153-162,1991年7月.

7.稲垣順子,渡邉昌子,松永彌生,津山和子:包帯交換の指導に関する一考察 学内演習時の到達状況の検討を通して.看護教育:296-303, 1990年5月

<国際学術集会発表>

1.Atsuko Kawamura, Seiji Umemoto, Junko Inagaki, Katsuko kajiya, Hiroko kishi, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Sei kobayashi, The power born from the fusion of Western science and Oriental food culture, Food & Nutrition 1894th of Conference Series LLC Ltd, July 2018, in Vancouver.

2.Junko Inagaki, Chizuru Nagata, Etsuko Sato, Hironori Yada, Misaki Kumakura, Yuji Sindo , Rina Hakuta, Akiko Nishimura, Hromi Okubo, Kumiko Iguchi, Development of Family Caregiver Assesment Scale(FCAS) for people experiencing end of life at home, 29th International Nursing Research Congress,  July 2018, in Melbourne.

3.Atsuko Kawamura, Katsuko kajiya, Hiroko kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto, Sei kobayashi, The Nutritional effect of the WASHOKU-modified DASH diet in participants with untreated high normal blood pressure and stage 1 hypertension. European Society of Cardiology Congress 2016, August 2016, in Roma.

4.Atsuko Kawamura, Seiji Umemoto, Junko Inagaki, Hiroko kishi, Katsuko kajiya, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Sei kobayashi, WASHOKU-modified DASH diet reduces blood pressure and improves cardiovascular risk factors independentry of body weight in subjects with untreated high normal blood pressure and stage 1 hypertension. European Society of Cardiology Congress 2015, August 2015, in London.

5.Natsumi Nakayama, Junko Inagaki:Experiences of Competent Nurses in a Public Hospital in Japan.3rd World academy of Nursing Science,October 2013,in Korea.

6.Erika Ishii, Aya Matumoto, Aimi Yoshida, Junko Inagaki :The effects on relaxation by hand massage to healthy subjects.3rd World academy of Nursing Science,October 2013,in Korea.

7.Junko Inagaki,Namika Ikuta,Atsuko kawamura,Saki Takahashi:Concept synthesis of family caregiver competencies for end of life care at home.10th International Family Nursing Conference Abstract book,:259,June 2011,in Kyoto.

8.Junko Inagaki:Quality of sleep after leg bathing and forearm bathing. The 36th Annual Meeting of Japanese Society of Sleep Research, Abstract Book:270,July 2010,in Kyoto.

9.Junko Inagaki,Namika Ikuta,Haruka Aoyama,Akari Imada,Yumiko fujisawa:Psychophysiological effects of Sweden massage. A pilot study.21thInternational Nursing Research Congress(Virginia Henderson International Nursing Library),July 2010, in Orland.

10.Junko Inagaki,Namika Ikuta,Tomomi Ikeda,Yukari Okamoto:Experiences of advanced beginner in a public hospital in Japan.The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science Abstract Book:159, August 2009, in Kobe.

11.Junko Inagaki,Namika Ikuta,Nobuko Kseda, Atsuko Kawamura, Aiko Nakazono,Utako yoshida:Experiences of female nurses after parental leave in a public hospital in Japan.The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science Abstract Book,:211,August 2009, in kobe.

12.Junko Inagaki,NamikaIkuta,Aiko Nakazono,Utako Yoshida:Concept analysis of family caregiver competencies for end of life at home.15th International Conference on Cancer Care Nursing Conference Abstract Book, 79,September 2008.in Shingapore.

13.Junko Inagaki, Namika Ikuta, Nao ikenaga,Ai Uda,Eriko kimura Junko Sakai:Experiences of novice nurses in a public hospital in Japan: The effect of culture, tradition, and ethical issues.19th International Nursing Research Congress(Virginia Henderson International Nursing Library) ,July 2008.in Shingapore.

14.Yoshiko Ishikawa, Misae Ito, Kyoko Murakami, Junko Inagaki, Takahiro Kakeda, , Eri Uonaga, Sayuri Nakamura, and Kazuaki Hirasada:.A Study on Perceptions of Members toward Its Teamwork in Interdisciplinary Medical Team,19th International Nursing Research Congress(Virginia Henderson International Nursing Library) ,July 2008.in Shingapore.

15.Noriaki Harada,,Hideko Morita,Junko Inagaki,Kumiko Suizu,Horoshiko Kan:Occupational exposure limit for hand-arm vibration. 9th Asian Congress of Agricultural Medicine and Rural Medicine: 213 ,September 2003,in Korea.

16.Junko Inagaki,Misa Harada,Misae Ito,Yukari Fukagawa:Conquest of Japanese suffering patients total laryngectomy and the influencing factors.12th International Conference on Cancer Nursing Abstract Book, 185 ,August 2002, in London.

17.Kumiko Suizu,Takae Fujimura,Hideko Morita,Junko Inagaki,Hirohiko Kan,Noriaki Harada:Effect of hand covering at immersion on finger skin temperature and pain during cold-stress for hand-arm vibration syndrome.10th Japan Group Meeting on Human Response(proceeding): 56-62,June 2002, in Tokyo.

18.Junko Inagaki, Junko Yoneda, Misae Ito Hiroshi Nogaki:Psychophysiological Effect of Massage and Shiatsu While in the Prone Position with Face down.Abstracts from the Symposium on Health Care for the Elderly,June 2001,in Korea.

19.Misae Ito,Junko Yoneda,Junko Inagaki,Hiroshi Nogaki:Psychological effect of massage and shiatsuto prone position with face down. 4th International Nursing Research Conference Abstract Book, 37 ,June 2001,in Korea.

20.Misae Ito,Junko Yoneda,Junko Inagaki,Hiroshi Nogaki:Changes of body surface temperatures and subjective feeling in subjects with prone position.4th International Nursing Research Conference Abstract Book, 25 ,June 2001,in Korea.

<国内学術集会発表>

1.河村敦子,稲垣順子,岸博子,加治屋勝子,梅本誠治,御手洗誠,織田浩司,小林誠:正常高値血圧及びⅠ度高血圧者における日本人向けDASH食事療法DASH-JUMPの食生活における行動変容への影響.第37回日本高血圧学会総会,2014年10月.

2.河村敦子,稲垣順子,加治屋勝子,岸博子,梅本誠治,平野均,小林誠:正常高値血圧及びⅠ度高血圧者における日本人向けDASH 食事療法DASH-JUMPの糖代謝への影響.第57回日本糖尿病学会年次学術集会,2014年5月.

3.河村敦子,稲垣順子,加治屋勝子,岸博子,梅本誠治,平野均,小林誠:正常高値血圧及びⅠ度高血圧者における日本人向けDASH 食事療法「DASH-JUMP」開発を目指した探索的研究.第36回日本高血圧学会総会,2013年10月.

4.河村敦子,稲垣順子:壮年期から中年期の就労している初回心筋梗塞患者の体験に関する現象学的研究.第76回日本循環器学会学術集会,2011年12月.

5.稲垣順子:若年健康人における前腕浴のタイミングが睡眠に及ぼす影響.第31回日本看護科学学会学術集会学術集会講演集:183,2011年10月.

6.生田奈美可,稲垣順子,浅井美穂,佐藤美幸:一般病棟で働く看護師が被暴力体験後に受けるサポート体験に関する現象学的研究.第36回日本看護研究学会誌,:32,2010年7月.

7.稲垣順子:入浴のタイミングが睡眠に及ぼす影響の評価.第28回日本看護科学学会学術集会講演集:297,2008年12月.

8.大成博音, 大成博文, 稲垣順子吉村眞理, 横山健治郎, 原田規章:マイクロバブル浴による下肢末梢循環への影響.日本衛生学雑誌,,No2:276,2006年3月.

9.Mahbub MH, 井上正岩,横山健次郎, Laskar MS, 大成博音,水津久美子,稲垣順子,高橋幸雄,原田規章:加振ハンドル把持による指血流変化における室温影響評価について.産業衛生学雑誌,Vol.47:513,2005年3月.

10.稲垣順子石井智香子:足浴と入浴のリラクゼーション効果の比較.第24回日本看護科学学会学術集会講演集:343,2004年12月.

11.横山健次郎, Laskar MS,Mahbub MH,井上正岩,稲垣順子,原田規章:手腕振動時の指尖振動感覚TTSにおける手袋着用の効果.日本衛生学雑誌,,No2:199,2004年3月.

12.正木晴美,稲垣順子:口腔内腫瘍患者の生命力が引き出される過程―ナイチンゲール看護論を用いてー.日本がん看護学会誌, Vol.8:122,2004年2月.

13.横山健次郎,中野公彦,武藤行也,新城田原晋作,森田秀子,稲垣順子,井上正岩,中本稔,原田規章:手腕振動暴露実験装置の機能評価.日本衛生学雑誌,,No1:200,2003年9月.

14.水津久美子,藤村孝江,森田秀子,稲垣順子,管裕彦,原田規章:振動障害患者の冷水負荷試験検査における防水手袋着用の影響.産業衛生学雑誌,:268,2002年6月.

15.伊東美佐江,山勢博彰,山勢善江,稲垣順子看護過程における看護学生のクリティカルシンキング能力の習得 ロイ適応モデルによる看護診断プロセスを活用した実習の評価分析より.日本看護診断学会誌,No72,2002年6月.

16.稲垣順子,井上正岩,横山健次郎,水津久美子,原田規章:入浴後の経過時間が睡眠に及ぼす影響について.日本衛生学会誌,No1:2062,2002年3月.

17.稲垣順子,山勢博彰,米田純子,東怜子,金山正子,平野由美子,伊東美佐江:成人・老人看護学実習におけるロイ適応看護モデル活用の実践報告.日本看護診断学会誌,No2:145-146,2001年9月.

18.稲垣順子,米田純子:足浴が生体に及ぼす影響 浸漬面積の違いによる検討.日本看護研究学会誌,,No3:96,2001年7月

19.稲垣順子,遠藤恵美子:ニューマンの拡張する意識としての健康の理論に基づいた看護インターベンションの研究 長期にわたり苦悩を体験している喉頭全摘出患者のパターン認識の過程.日本がん看護学会誌,:691,1999年3月.

20.松永彌生,東玲子,稲垣順子,川口孝泰,阪口禎男:褥瘡予防ベッドの考案及び有用性の検討.第18回日本看護研究学会誌,Vol.15:1641,1992年7月.

21.金山正子,穐村郁代,稲垣順子,津山和子,川本利恵子:赤血球沈降速度(血沈)測定法についての研究(2)−測定器具別測定値の再現性・信頼性の検討.日本看護研究学会誌, :1051,1990年7月.

22.稲垣順子,津山和子,金山正子,穐村郁代,川本利恵子:赤血球沈降速度(血沈)測定法についての研究―各種血沈測定方法に関するアンケート調査.日本看護研究学会誌, :1041,1990年7月.

<外部資金獲得状況>

1.文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(課題番号:19K10871)2019〜2021年度 研究課題名:COPD患者が経験する呼吸困難の言語表現の探索と呼吸困難アセスメント尺度の開発, 4,290千円, 研究代表者:石井智香子 研究分担者:遠藤晶子、久宗真里、稲垣順子

2.山梨県立大学看護学部 共同研究費 2018年 研究課題名:基礎看護学実習で陰部洗浄を実施する学生が抱く臨床看護師の指導に対する認識 研究代表者:大久保ひろ美 研究分担者:稲垣順子、阪野祐子、横井弥生

3.山梨県立大学看護学部 共同研究費 2017年 研究課題名:臨床看護師が抱く基礎看護学実習で臥床患者への陰部洗浄を行う学生に対する指導の認識 研究代表者:大久保ひろ美 研究分担者:阪野祐子、小沼久美、安原伊佐子、池谷容子、小野麻里、片桐由佳、稲垣順子

4.文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(課題番号:26671012)2014年〜2017年 研究課題名:在宅の看取りを支える家族の介護力量アセスメント尺度の開発, 2,400千円,研究代表者:稲垣順子 研究分担者:永田千鶴、佐藤悦子

5.文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(課題番号:21592693)2009〜2011年度 研究課題名:部分浴の方法・タイミングが睡眠に及ぼす影響の評価 3,120千円,研究代表者:稲垣順子 研究分担者:原田規章

6.勇美財団在宅医療助成 2008年度 研究課題名:在宅における看取りを支える家族の介護力量に関する概念分析,270千円,研究代表者:稲垣順子 研究分担者:生田奈美可,高橋早紀

7.文部科学省科学研究費補助金 萌芽研究(課題番号:19650145)研究課題名:マイクロバブル温浴の末梢循環改善効果とその条件 2007年度,3400千円,研究代表者:原田規章 研究分担者:大成博文,中村彰冶,稲垣順子

8.文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(課題番号:19592445)研究課題名:入浴のタイミングが睡眠に及ぼす影響の評価,2007〜2008年度,3900千円,研究代表者:稲垣順子 研究分担者:原田規章

9.山口県公衆衛生協会助成金 研究課題名:入浴後就寝時間が睡眠に及ぼす影響 2003年度,90千円,研究代表者:稲垣順子 研究分担者:井上正岩、横山健次郎、水津久美子、原田規章

 

社会活動・地域活動の実績

山口県内の病院の看護研究指導

山口県内の病院の看護過程指導

山口大学医学部附属病院院内がん認定看護師の教育プログラム開発と教育

第76回日本衛生学会事務局

第71回日本公衆衛生学会事務局・座長

第15回日本看護診断学会実行委員

第6回山口県看護研究学会学会委員

Nursing and health Science 10th anniversary symposium実行委員

山梨県実習実習指導者講習会講師

山梨県立大学看護実践開発センター 新人看護職員多施設合同研修講師

 

提供できる地域貢献メニュー

在宅で看取りを行う家族のための介護の教育

がん患者の心理と援助 家族・友人のためのガイド

高血圧予防のための食事の教育

 

教育・研究に対する抱負など

臨床看護の実践が大好きです。実習指導で、NICU以外の全ての診療科・在宅をまわりました。これらの経験をもとに患者様、家族に貢献できる研究を実施し ていきたいと思います。研究領域は、看護におけるEvidence Based Practice構築に資するための基礎研究、臨床研究です。

 

受験生へのメッセージ

若いときの苦労は、後に大きな糧になります。人生経験を積んだ様々な人を看護していくためには、幅広い教養と人に寄り添う暖かい心が必要です。大学院での学修は大変ですが、キャリアアップし、自分を磨く良い機会と捕らえ、頑張ってください。