氏名(職名)

阿部 美穂子

 

所属学部・学科

看護学部・看護学科・看護関連科学領域

 

学歴・学位

東北大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻(博士課程)修了 博士(教育学)

 

職歴

昭和57年4月 富山県立盲学校 教諭

平成7年4月 富山県立高志養護学校 教諭

平成16年4月 富山県総合教育センター教育相談部 研究主事

平成20年4月 富山大学人間発達科学部発達教育学科 准教授

平成27年4月 北海道教育大学(釧路校)教育学部 教授

平成28年4月 北海道教育大学附属釧路小学校校長(兼任)(~平成30年3月)

平成31年4月 山梨県立大学看護学部看護学科 教授

 

専門分野

障害のある子どもとその家族の支援臨床・きょうだい支援

特別支援教育・障害のある子どもの保育・ムーブメント教育

発達心理学・臨床心理学 

 

資格等

公認心理師

臨床心理士

臨床発達心理士

NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会認定ムーブメント教育・療法士

Nobody's Perfect Japan(幼児子育て支援)ファシリテーター 

Sibshop(きょうだい支援)ファシリテーター The Sibling Support Project認定

CSPコモンセンス・ペアレンティングトレーナー

小学校教諭二種免許状 

盲学校教諭一級普通免許状 

中学校教諭専修免許状(国語) 

養護学校教諭専修免許状

高等学校教諭専修免許状(国語)

保育士

 

所属学会等

日本特殊教育学会、日本LD学会、日本児童学会(評議員)、日本重症心身障害学会、日本家族心理学会、日本保育学会、日本発達障害学会、日本心理臨床学会、日本肢体不自由教育研究会(評議員)、International Association for the Scientific Study of Intellectual and Developmental Disabilities

 

学内委員

人権委員会(全学・学部)

教職課程部会(全学)

本学における担当科目

【学部】「看護心理学」、「人間関係論Ⅰ・Ⅱ」、「教育相談の理論と方法」、「発達と教育の心理」、「人間と心」、「文献講読セミナー」 、「看護研究セミナー」「教職サービス・ラーニングⅡ(養護) 」

【大学院】「療育相談論」「母子育成看護学特講」「広域実践看護学特別演習」「看護学特別演習」

研究等の内容・実績

【研究テーマ】

 ・障害のある子どもとその家族のQOL支援、特に、ともに育つきょうだいへの支援を中心に

 ・重度・重複障害のある子どもの発達支援臨床

 ・ムーブメント教育・療法

 ・発達に気がかりがある子どもの保育内容(インクルーシブ保育)、及び、コンサルテーション(教育・療育相談)

【著書】

1. 医療スタッフのためのムーブメントセラピー  -発達障害・重症心身障害児(者)の医療・福祉・教育にいかすムーブメント法- 共著 平成15年 3月 メディカ出版
2. 肢体不自由教育シリーズ2「コミュニケーションの支援と授業作り」 共著 平成20年 8月 慶應義塾大学出版会
3. シリーズ 現代の教職12「特別支援教育の現状・課題・未来」 共著 平成21年 5月 ミネルヴァ書房
4.よくわかる障害児保育 共編著 平成22年 7月 ミネルヴァ書房
5. 特別支援教育における授業づくりのコツ -これならみんなわかって動ける- 共編著 平成24年 2月 学苑社
6. Movement Education and Therapy Program Assessment -ⅡRevised
(MEPA-ⅡR、重症児(者)・重度重複障がい児のムーブメント教育・療法プログラムアセスメント) 共著 平成26年 7月 文教資料協会
6. 発達障がい児の育成・支援とムーブメント教育  共著 平成26年 7月 大修館書店
8. 障がいの重い児 (者) が求めるムーブメントプログラム: MEPA-ⅡRの実施と活用の手引共著 平成26年 7月 文教資料協会
9. Checklist for Developmental Disabilities in Young Children(CHEDY)「保育者のための幼児用発達障害チェックリスト:チェックシート」 共著 平成26年 8月 文教資料協会
10. CHEDY(チェディー)幼児用発達障害チェックリスト 保育者のための解説書:適用年齢4歳-6歳 共著 平成26年 8月 文教資料協会
11. 子どもの“総合的な能力”の育成と生きる力 共著 平成29年 3月 北樹出版
12. 保育・療育・特別支援教育に生かすムーブメント教育・療法「MEPA-R活用事例集」 共編著 平成29年 7月 日本文化科学社
13. 「子どもの育ち合いを支えるインクルーシブ保育」-新しい時代の障害児保育- 共著 平成29年 8月 大学図書出版
14. よくわかる障害児保育第2版 共編著 平成30年 2月 ミネルヴァ書房
15. 障害のある子どものきょうだい支援プログラム開発に関する実践的研究 単著 平成31年1月 多賀出版
16. よくわかるインクルーシブ保育 共編著 令和2年5月 ミネルヴァ書房

【学術論文】

1. 重度重複障害児のコミュニケーション指導-ムーブメント教育からのアプローチ-(修士論文) 単著 平成11年3月 富山大学大学院教育学研究科学校教育専攻
2. 知的障害を併せ有する視覚障害幼児のためのムーブメント教育プログラムの開発に関する実践的研究-動きのスキル拡大を目指した事例を通して-(査読付) 単著 平成22年 3月 富山大学人間発達科学部紀要4(2),43-53頁(富山大学人間発達科学部)
3. 幼児用発達障害スクリーニング尺度の実用化に向けた質的検討 共著 平成22年 5月 とやま発達福祉学年報1, 3-13頁(富山大学人間発達科学部発達教育学科発達福祉コース)
4. 富山型デイサービスにおける障害のある子どもたちと職員のコミュニケーションに関する査研究(査読付) 共著 平成22年11月 富山大学人間発達科学部紀要5(1),39-48頁(富山大学人間発達科学部)
5. 重症心身障害児のVOCAを用いた要求行動獲得に関する研究 -感覚運動ムーブメント活動の活用-(学会査読付) 単著 平成22年12月 日本重症心身障害学会誌35(3),377-384頁(日本重症心身障害学会)
6. 幼児用発達障害チェックリスト(CHEDY)による高機能広汎性発達障害の識別性に関する検討(査読付) 単著 平成23年 1月 教育実践研究5,105-111頁(富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター)
7. 幼児用発達障害スクリーニング尺度の検討(査読付) 共著 平成23年 3月 相模女子大学紀要. C, 社会系76, 91-101頁(相模女子大学)
8. 教育相談機関におけるグループペアレント・トレーニングの効果と参加者アンケートによるプログラムの妥当性の検討(査読付) 共著 平成23年 3月 富山大学人間発達科学部紀要5(2),29-39頁(富山大学人間発達科学部)
9. 知的障害がある子どもの母親の自己受容に母親の家族認知が及ぼす影響 共著 平成23年 5月 とやま発達福祉学年報2, 13-20頁(富山大学人間発達科学部発達教育学科発達福祉コース)
10. 障害のある子どもの充実した放課後生活を実現する富山型デイサービス活用のあり方を探る 共著 平成23年 5月 とやま発達福祉学年報2 ,3-12頁(富山大学人間発達科学部発達教育学科発達福祉コース)
11. 重度重複障害児のムーブメント活動による理解語いの獲得を目指した実践研究(学会査読付) 単著 平成23年 6月 児童研究90,13-21頁
(日本児童学会)
12. 障害のある子どものきょうだいを育てる保護者の悩み事・困り事に関する調査研究(査読付) 共著 平成23年10月 富山大学人間発達科学部紀要6(1),63-72頁(富山大学人間発達科学部)
13. 障害のある子どものきょうだいのインフォーマルサポートに関する調査研究(査読付) 共著 平成24年 3月 富山大学人間発達科学部紀要6(2),99-112頁(富山大学人間発達科学部)
14. 教育相談センターが実施する「気になる子」の保護者に対するペアレント・トレーニングのあり方と効果(学会査読付) 共著 平成24年 5月 LD研究21(2),270-284頁(日本LD学会)
15. 発達障害のある子どものきょうだい児に対する教育的支援プログラムの開発と効果の検討 : 小グループによる実践から 共著 平成24年 5月 とやま発達福祉学年報3, 3-20頁(富山大学人間発達科学部発達教育学科発達福祉コース)
16. 発達障害のある子どものきょうだい児に対する教育的支援プログラムの開発と効果の検討(2) : 実践に対する保護者評価から 共著 平成24年 5月 とやま発達福祉学年報3, 43-54頁(富山大学人間発達科学部発達教育学科発達福祉コース)
17. イギリスにおける障害のある子どものきょうだいの支援 : 支援プログラムの実際(査読付) 共著 平成24年10月 富山大学人間発達科学部紀要7(1),153-162頁(富山大学人間発達科学部)
18. 自閉傾向のある重度知的障害児の学級づくりを目指した実践的研究(査読付) 共著 平成25年 1月 教育実践研究 : 富山大学人間発達科学研究実践総合センター紀要7,33-45頁(富山大学人間発達科学部附属人間発達科学
研究実践総合センター)
19. 気になる子どもの保育における効果的な巡回相談スタイルの実践的検討 : 保育所(園)長アンケートの分析(査読付) 単著 平成25年 3月 富山大学人間発達科学部紀要7(2),41-53頁(富山大学人間発達科学部)
20. Sibshopファシリテーターに求められる資質とは : ファシリテータートレーニングの実際から 単著 平成25年 5月 とやま発達福祉学年報4, 3-10頁(富山大学人間発達科学部発達福祉コース)
21. 知的障害を併せ有する視覚障害幼児の言語・社会性スキル拡大を目指したムーブメント教育プログラムの開発に関する実践的研究(学会査読付) 単著 平成25年 6月 児童研究92,19-31頁
(日本児童学会)
22. 障害のある子どものきょうだいを育てる親の子育て観の変容 : 家族参加型支援セミナーの参加を通して(査読付) 共著 平成25年10月 富山大学人間発達科学部紀要8(1),85-99頁(富山大学人間発達科学部)
23. 保育士が主体となって取り組む問題解決志向性コンサルテーションが気になる子どもの保育効力感にもたらす効果の検討(学会査読付) 単著 平成25年12月 保育学研究51(3),
379-392頁(日本保育学会)
24. 保育者による幼児用発達障害チェックリスト(CHEDY)の有用性に関する検討(学会査読付) 共著 平成25年12月 特殊教育学研究51(4), 335-345頁(日本特殊教育学会)
25. 校内研修の現状と課題 (特集 校内研修を生かす)(依頼原稿) 単著 平成26年 3月 肢体不自由教育214,
4-9頁(日本肢体不自由教育研究会・日本肢体不自由児協会)
26. 児童福祉施設併設特別支援学校知的障害生徒のキャリア力を育てる授業実践 :役割を果たし、自己有用感を高めることを目指して 共著 平成26年 5月 とやま発達福祉学年報5, 3-13頁(富山大学人間発達科学部発達福祉コース)
27. 知的障害児と定型発達児双方のかかわりスキル向上を目指したムーブメント活動による交流及び共同学習の実践(学会査読付) 共著 平成26年 8月 児童研究93,30-40頁
(日本児童学会)
28. 「できるシート」の開発と活用に基づく授業改善の実践的研究 : 児童生徒の主体的な活動の広がりを目指して(査読付) 共著 平成26年10月 富山大学人間発達科学部紀要9(1),147-164頁(富山大学人間発達科学部)
29. 特別支援学校における生徒指導の実践動向と今日的課題(査読付) 共著 平成26年12月 教育実践研究 : 富山大学人間発達科学研究実践総合センター紀要9,41-50頁(富山大学人間発達科学研究実践総合センター)
30. 発達に気がかりがある子どもの社会的スキル獲得を目指した子育て支援実践 : 親子ムーブメント活動を活用したプログラムの検討(学会査読付) 単著 平成26年12月 保育学研究52(3),365-378頁(日本保育学会)
31. 知的障害児童のキャリア発達の促進を目指した実践研究 : 係活動を軸に「役割の理解と実行」能力を育てる(査読付) 共著 平成26年12月 教育実践研究 : 富山大学人間発達科学研究実践総合センター紀要9, 13-24頁(富山大学人間発達科学研究実践総合センター)
32. 障害のある子どものきょうだいとその家族のための支援プログラムの開発に関する実践的研究(学会査読付) 共著 平成27年 2月 特殊教育学研究52(5), 349-358頁(日本特殊教育学会)
33. 重症心身障害のある子どものきょうだいの同胞観に関する研究 : 中高生のきょうだいの作文分析による(査読付) 単著 平成27年 3月 富山大学人間発達科学部紀要9(2),151-161頁(富山大学人間発達科学部)
34. 重度・重複障害のある子どものきょうだいとその家族のための支援プログラム開発に関する実践的研究 共著 平成27年 6月 東北大学大学院教育学研究科研究年報63(2),141-166頁(東北大学大学院教育学研究科)
35. 障害のある子どものきょうだいのための障害理解支援プログラムに関する実践的研究 -ポートフォリオ絵本の制作活動を通して-(学会査読付) 単著 平成27年 8月 発達障害研究37(3),233-246頁(日本発達障害学会)
36. 家族参加型ムーブメント活動が障害のある子どものきょうだいにもたらす効果-親ときょうだいへのアンケート調査から- 単著 平成27年12月 北海道教育大学釧路校研究紀要「釧路論集」47,119-130頁(北海道教育大学釧路校)
37. 気になる子どもの変容を促す問題解決志向性コンサルテーションの効果に関する実践的研究 -「行動の分析&支援シート」の開発と活用-(学会査読付) 単著 平成27年12月 保育学研究53(2),52-63頁(日本保育学会)
38. 障害のある子どものきょうだいと保護者の関係性支援に関する実践的研究 -ポートフォリオ「家族の紹介ブック」創作活動を通して-(学会査読付) 単著 平成27年12月 家族心理学研究29(2), 85-98頁(日本家族心理学会)
39. 学ぶ楽しさを生み出す授業作りに活かす個別の指導計画(依頼原稿) 単著 平成28年 3月 肢体不自由教育224,10-15頁(日本肢体不自由児協会)
40. 障害のある子どものきょうだい支援プログラム開発に関する実践的研究-家族関係に着目して-(博士論文) 単著 平成28年3月 東北大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻(博士後期課程)
41. 家族QOLアセスメント(日本版FQOL Scale)の妥当性と信頼性に関する研究(学会査読付) 共著 平成28年 8月 児童研究95,24-31頁
(日本児童学会)
42. きょうだいの障害のある同胞に関する否定的感情と親からのサポート期待感との関係に関する調査研究(学会査読付) 共著 平成28年10月 特殊教育学研究54(3), 157-167頁(日本特殊教育学会)
43. ニュージーランドにおける成人期きょうだい支援プログラム-Second Generation Workshopについて- 単著 平成28年12月 北海道教育大学釧路校研究紀要「釧路論
集」48,69-80頁(北海道教育大学釧路校)
44. へき地校の特別支援教育担当教員の専門性意識に関する調査研究(査読付) 共著 平成29年 1月 へき地教育研究71,1-19頁(北海道教育大学 学校・地域教育研究支援センター)
45. オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)における乳幼児の支援と特別支援教育の現状(学会査読付) 共著 平成29年 8月 児童研究96,33-42頁 (日本児童学会)
46. きょうだいの育成に関する親の支援ニーズ ― 障害のある子どもの親へのインタビュー調査による ―(査読付) 単著 平成29年 8月 北海道教育大学紀要. 人文科学・会科学編68(1), 1-11頁(北海道教育大学)
47. 発達障害のある子どもとその家族への支援に関する学生の意識変容-大学における地域貢献プロジェクト「おひさまクラブ」での実践を通して- 共著 平成29年12月 釧路論集49,93-104頁(北海道教育大学釧路校)
48. インクルーシブ保育の実践を支える巡回相談のあり方(査読付) 共著 平成30年 2月 北海道教育大学紀要. 教育科学編68(2),115-127頁(北海道教育大学)
49. 北海道東部へき地校の特別支援教育担当教員の専門性意識に関する調査研究(第2報:根室地域を対象に)(査読付) 共著 平成30年 2月 へき地教育研究72,47-64頁(北海道教育大学 学校・地域教育研究支援センター)
50. 小学校特別支援学級で使用する連絡帳における子育て支援機能の事例的検討(査読付) 共著 平成30年 8月 北海道教育大学紀要. 教育科学編69(1), 93-107頁(北海道教育大学)
51. へき地小規模校の授業から抽出されるインクルーシブ教育の実現要因(査読付) 共著 平成31年 1月 へき地教育研究73,53-68頁(北海道教育大学へき地・小規模校教育研究センター)
52. インクルーシブ教育体制における特別な支援ニーズのある子どもの家族支援-アイスランドにおけるインタビュー調査から見えてきたもの 共著 平成31年 3月 釧路論集50,61-68頁(北海道教育大学釧路校)
53. 障害のある子どものきょうだい児を育成する親の支援ニーズに関する研究-同胞の障害タイプに着目して-(学会査読付) 共著 令和元年9月 児童研究96,43-51頁(日本児童学会)
54. 特別支援学校高等部知的障害生徒の自立活動におけるムーブメント活動導入の効果に関する実践的研究(学会査読付)共著 令和2年10月 児童研究99,81-89頁(日本児童学会)
55. 障害のある子どものきょうだい児を育てる親の悩みに関する調査研究(査読付)単著 令和3年3月 山梨県立大学看護学部・看護学研究科研究ジャーナル7(1) 1- 14頁(山梨県立大学)
56.障害のある子どものきょうだい児を育てる親の悩みに関する質的検討-アンケートの自由記述分析-(査読付)共著 令和4年3月 山梨県立大学看護学部・看護学研究科研究ジャーナル8(1) 11- 23頁(山梨県立大学)
 

【報告書・月刊誌等】(平成25年度以降)

1. 富山大学スクラムプラン ―学校バリアフリーへの挑戦― 2011 「支援ツール開発グループ :キャリア発達を育む支援ツール~働く・暮らす・遊ぶにつなげるために~」・「ムーブメント教育グループ」 共著 平成25年 2月 富山大学人間発達科学部・附属学校園共同研究プロジェクト 平成23年度報告書
2. ハートフル保育ハンドブック「気になる子どものための保育のヒント」 共著 平成25年 3月 富山県厚生部児童青年家庭課委託事業成果配布物
3. 子ども一人一人に寄り添う支援を求めて-気がかりがある子どもと関わる中で- 共著 平成25年 3月 平成24年度「保育研究」第44集,51-100頁(富山県保育士会)
4. 富山大学スクラムプラン ―学校バリアフリーへの挑戦― 2012 「支援ツール開発グループ :キャリア発達を育む支援ツール~「『参加』を高める四つの力」と関連して~」・「ムーブメント教育グループ」 共著 平成25年 7月 富山大学人間発達科学部・附属学校園共同研究プロジェクト 平成24 年度報告書
5. 主体的な子どもの姿を実現するための保育 -一人ひとりの子どもが今も未来も輝くために- 共著 平成26年 3月 平成25年度「保育研究」第45集, 51-99頁 (富山県保育士会)
6. 富山大学スクラムプラン  ―学校バリアフリーへの挑戦― 2013「支援ツール開発グループ :キャリア発達を促す支援ツール~「『参加』を高める四つの力」と関連して~」・「ムーブメント教育グループ」 共著 平成26年 7月 富山大学人間発達科学部・附属学校園 共同研究プロジェクト 平成25 年度報告書
7. 発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業 (教職員育成プログラム開発事業)事業平成27年度成果報告書 共著 平成28年 3月 文部科学省受託研究事業 北海道教育大学 特別支援教育プロジェクト
8. 障害のある子どものきょうだいとその家族のQOL支援プログラムの開発 単著 平成28年 3月 平成24年度~27年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(課題番号24531241)
9. 自ら学ぶ意味を創造できる児童・生徒の育成~小学校6年間で目指す子供の姿と手立てを明らかにする~ 共著 平成28年 7月 北海道教育大学附属釧路小学校研究集録
10. へき地校の特別支援教育担当教員の専門性意識に関する調査報告 単著 平成29年 2月 ほくとくネット
11. 発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業(教職員育成プログラム開発事業)実施報告書(平成27~28年度) 共著 平成29年 3月 北海道教育大学 特別支援教育プロジェクト 文部科学省受託研究事業報告書 
12. 発達障害の子どもの不器用さについて(依頼原稿) 単著 平成29年 3月 発達が気になる子の子育て支援情報誌 2017, No.18,1-6.全国心身障害児福祉財団
13. 「自分で考え行動する子ども」の保育の追求 共著 平成29年 11月 平成29年度富山県保育士会公開保育研究会研究集録
14. 「自分らしく豊かに生きる力を育てるために」 共著 平成30年3月 北海道特別支援教育研究協議会研究紀要
15. 特別な教育的ニーズに対応する人材育成のための情報支援 ―支援教材の作成と ICT を活用した情報提供― 事業成果報告書 共著 平成30年3月 北海道教育大学 特別支援教育プロジェクト 平成29年度学長戦略経費(重点分野研究プロジェクト)報告書
16. 平成30年度「おひさまクラブ」プロジェクトによる学生の変容 共著 平成31年3月 北海道教育大学 特別支援教育プロジェクト平成30年度報告書
17. きょうだいへの支援を考える(セミナー紹介)単著 発達教育 2020年7月号
18. きょうだい自身の「生きる」を応援する 単著 発達教育 2020年8月号 
19.第33回富山県保育研究大会報告書-すべての人が子どもと子育てにかかわりをもつ社会の実現を目指して- 共著 2022年3月 富山県保育連絡協議会
 

【学会発表・シンポジウム・依頼講演等】(平成27年度以降)*は筆頭発表、及び企画者

1. 主体的な子どもの姿を実現するための保育実践研究 ― 平成27年 5月 日本保育学会第68回大会(椙山女子学園大学)
2. 主体的な子どもの姿を実現する保育実践における保育士の変容 ― 平成27年 5月 日本保育学会第68回大会(椙山女子学園大学)*
3. 北海道における地域特性に応じた情報システムの構築 発達障害の理解に関する人材育成に向けて ― 平成27年 9月 日本特殊教育学会第53回大会
4. 家族QOLアセスメントに関する研究 報告4 日本版BEACH CENTER FQOL Scaleの検討 ― 平成27年 9月 日本特殊教育学会第53回大会(東北大学)
5. 家族支援の視点から 障害のある子どものきょうだい支援を考える(4) ― ライフステージに応じた支援:進路選択 ― ― 平成27年 9月 日本特殊教育学会第53回大会自主シンポジウム(東北大学)*
6. 重度・重複障害児・者のきょうだいの進路選択に関する研究 ― 平成27年 9月 日本特殊教育学会第53回大会(東北大学)*
7. Measuring Family Quality of Life of the Families Having Children with Disabilities in Japan(日本における障害のある子どもを持つ家族の生活の質(QOL)調査) ― 平成27年10月 2015 ISQOLS ANNUAL CONFERENCE(PHOENIX, AZ, USA)
8. Research Concerning Relationships between Siblings' Negative Feelings and Expectation of Support from Parents(障害のある子どものきょうだいが抱く否定的感情と親からのサポート期待の関係性に関する研究) ― 平成27年10月 2015 ISQOLS ANNUAL CONFERENCE(PHOENIX, AZ, USA)*
9. 知的障害のある生徒の身体表現を育てる「音楽」の授業実践研究―動きと言葉の広がりを目指して― ― 平成28年 3月 日本児童学会平成27年度第2回学術集会(鎌倉女子大学)
10. 知的障害生徒の自立活動「身体の動き」「人間関係の形成」をねらいとしたムーブメント活動の実践 ― 平成28年 3月 日本児童学会平成27年度第2回学術集会(鎌倉女子大学)
11. 気になる子どもの保育改善に基づく保育士の保育効力感の変容 ― 平成28年 5月 日本保育学会第69回大会(東京学芸大学)*
12. 発達に気がかりがある子どもの親を支援する ― 平成28年 7月 北海道特別支援教育学会 第11 回・釧路大会(公開講座講演)
13. 障がいのある子どものきょうだい支援 ― 平成28年 7月 第5回日本小児診療多職種研究会(招待講演)
14. Practical study concerning the development of a support program for siblings and families of children with profound intellectual and multiple disabilities (PIMD)
(重度重複障害児のきょうだいとその家族を支援するプログラムの開発に関する実践的研究) ― 平成28年 8月 2016 IASSIDD World Congress(MELBOURNE CONVENTION AND EXHIBITION CENTRE, Australia)*
15. インクルーシブ保育のあり方を考える- いわゆる「気になる子」と障害児の保育現状課題から- ― 平成28年 9月 日本特殊教育学会第54回大会自主シンポジウム(新潟市朱鷺メッセ)
16. 家族 QOLアセスメントに関する研究 報告 5 アセスメントによる家族QOLの障害特性の検証 ― 平成28年 9月 日本特殊教育学会第54回大会
17. 家族支援の視点から障害のある子どものきょうだい支援を考える(5)-ライフステージに応じた支援・児童期から青年期まで- ― 平成28年 9月 日本特殊教育学会第54回大会自主シンポジウム(新潟市朱鷺メッセ)*
18. 成人期きょうだい支援プログラムに関する調査研究-Second Generation Workshop in New Zealandについて- ― 平成28年 9月 日本特殊教育学会第54回大会(新潟市朱鷺メッセ)*
19. 重度の知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害児を対象とする遊びを主体とした集団活動を通じたかかわり合いの促進に関する研究 ― 平成28年 9月 日本特殊教育学会第54回大会(新潟市朱鷺メッセ)
20. 連携チームで取り組む特別な支援を必要とする大学生の修学支援 ~学内支援体制の整備に向けた取り組み~ ― 平成28年11月 日本LD学会第25回大会(神奈川県横浜市(パシフィコ横浜))*
21. オーストラリアの幼児教育・特別支援教育 ― 平成28年12月 平成28年度日本児童学会研究発表集会(児童総合研究部会)(玉川大学)(招待講演)
22. 障害のある子どもとともに生きる家族のQOL -支援ニーズについて考えるー ― 平成29年 9月 日本特殊教育学会第55回大会自主シンポジウム(名古屋国際会議場)*
23. 障害のある子どものきょうだいをそだてる親のニーズ -親へのインタビュー調査からー ― 平成29年 9月 日本特殊教育学会第55回大会(名古屋国際会議場)*
24. 発達障害がある子どもの支援実践に取り組む学生の意識変容 ― 平成29年10月 日本LD学会第26回大会(栃木県総合文化センター)*
25. 子どもの利益を最優先する幼・保・小の連携とは ― 平成30年 5月 日本保育学会第71回大会自主シンポジウム(仙台市)*
26. Practical Study on Relationship Support for Parents and Siblings of Children with Disabilities(障害のある子どものきょうだいと親との関係性支援に関する実践的研究)
  ― 平成30年 7月 5th IASSIDD Europe Congress(Athens, Greece)*
27. 重症心身障害児(者)のきょうだい児育成にかかる親の悩みと家族QOLの分析 ― 平成30年 9月 第44回日本重症心身障害学会学術集会(東京都タワーホール船堀)*
28. 小グループによる関係づくりを重視した短期ペアレント・トレーニングの実践(1)-プログラムの実際- ― 令和元年5月 日本保育学会第72回大会(大妻女子大学)*
29. 小グループによる関係づくりを重視した短期ペアレント・トレーニングの実践(2)-参加者における変容- ― 令和元年5月 日本保育学会第72回大会(大妻女子大学)
30. Research on parents' needs when raising siblings of children with Autism Spectrum Disorder and on their family quality of life
(自閉症スペクトラム障害のある子どものきょうだいを育てる親のニーズとその家族生活の質(QOL)に関する研究) ― 令和元年8月 2019 IASSIDD World Congress (Glasgow, Scotland)*
 31. Study on Japanese Family Quality of Life Assessment (J-FQOL) scores and their changing factors of the families having children with special needs (特別なニーズのある子どもの日本版家族QOLアセスメントスコアの実態と変動要因に関する研究) ― 令和元年8月 2019 IASSIDD World Congress (Glasgow, Scotland)
32. 重い障害のある子どもの家族QOLを支援するには ― 令和元年9月 日本特殊教育学会第57回大会自主シンポジウム(広島大学)*
33. きょうだい児育成支援プログラム開発に関する実践的研究 ― 令和元年9月 日本特殊教育学会第57回大会(広島大学)*
34. 自閉症スペクトラム障害のある子どものきょうだい児を育てる親の子育ての悩み ― 令和元年11月 日本LD学会第28回大会(パシフィコ横浜 会議センター)*
35. きょうだいへの支援を考える ― 令和元年11月 発達協会「発達障害・知的障害のある子どもの家族への支援」セミナー(東京都TFTビル)(招待講演)*
36  アイスランドにおけるインクル―シブ保育の実際(1)-ムーラボルグ幼稚園の実践に着目して- 令和2年5月 日本保育学会第73回大会(奈良教育大学)
37. アイスランドにおけるインクルーシブ保育の実際(2)-ペダゴーグの役割に着目して-  令和2年5月 日本保育学会第73回大会(奈良教育大学)*
38.保育所における自立的な問題解決力を支援するコンサルテーションシステムの検討 令和2年9月 日本特殊教育学会第59回大会自主シンポジウム (福岡教育大学)*
39. 障害のある子どものきょうだい児を育てる親の悩み-同胞の障害種及びきょうだい児の年齢による比較-  令和2年9月 日本特殊教育学会第58回大会 (福岡教育大学)*
40. 自閉症スペクトラム障害並びに知的障害のある子どものきょうだい児を育てる親の悩みに関する検討 令和2年10月 日本LD学会第29回大会(兵庫教育大学)*
41.インクルーシブ保育を支える保育コンサルテーションの実践―自治体における保育カウンセラー派遣事業における取組から― 令和3年5月 日本保育学会第74回大会(富山大学)*
44.きょうだいが育つ家族のQOLに関する研究-「日本版 FQOL Scale」による家族QOL得点の分析- 令和3年9月 日本特殊教育学会第59回大会(筑波大学)*
45.自閉症スペクトラム障害のある子どもとそのきょうだい児を育てる家族のQOLに関する検討 令和3年12月 日本LD学会第30回大会(神奈川 国立特別支援教育総合研究所)*   
 
【学会における活動等】

 ・平成25年12月 平成25年度日本児童学会ムーブメント教育・療法学術集会(富山大会)にて大会実行委員長

・平成28 7月 北海道特別支援教育学会第11回(平成28年度)研究大会釧路大会において大会長を務め、公開講座にて講演

・令和元年5月 日本保育学会第72回大会ポスター発表Bセッションにおいて座長

・令和2年5月 日本保育学会第73回大会ポスター発表 P-A-11セッションにおいて座長

・令和2年4月 日本保育学会第73回大会研究発表研究奨励賞推薦委員会委員

・令和3年5月 日本保育学会第74回大会ポスター発表 ポスター発表C P-C-6セッションにおいて座長

・令和3年4月 日本保育学会第74回大会研究発表研究奨励賞推薦委員会委員

  

【 科学研究費等研究補助金・受託研究等】

平成18年 4月富山県高等教育振興財団第6号地域貢献推進事業助成「障害のある子どものきょうだい児と、その親のためのいきいき子育ち・親育ち応援事業」(研究代表者) (平成23年3月まで)

平成22年 7月(神奈川県)平成23年度かながわ子ども・子育て支援推進調査研究補助事業「保育所による地域の在宅育児家庭の効果的支援に関する調査研究」(研究分担者) (平成24年3月まで)
 
平成23年11月科学研究費助成事業 基盤研究(C)「障害のある子どものきょうだいとその家族のQOL支援プログラムの開発」(研究代表者) (平成28年3月まで)
 
平成24年 4月科学研究費助成事業基盤研究(C)「障害児等の家族支援プログラムと家族QOLアセスメントの開発」(連携研究者) (平成30年3月まで)
 
平成25年 4月 文部科学省受託研究「発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業」(教職員育成プログラム開発事業)(研究分担者) (平成29年3月まで)
 
平成27年 4月 科学研究費助成事業基盤研究(B)「学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究」(研究分担者) (平成29年3月まで)
 
平成28年 4月 科学研究費助成事業基盤研究(C)「障害のある子どものきょうだいと親がともに活きる支援プログラムの開発」(研究代表者) (令和5年3月まで)
 
平成28年 4月 科学研究費助成事業基盤研究(C)「教員や保育士等、実践側のニーズを踏まえた幼保小接続に関する意思決定過程の研究」(研究分担者) (令和3年3月まで)
 
令和2年 4月 科学研究費助成事業基盤研究(C)「思春期後期~青年期前期のきょうだいとその家族のためのQOL支援プログラムの開発」(研究代表)(令和6年3月まで 予定)
 
令和2年4月 山梨県立大学地域研究交流センター地域研究事業 重点テーマ研究「多国籍住民に関する社会的支援システム構築に関する研究」(長坂香織, 阿部美穂子,井川由貴, 池田充裕, 伊藤智基, 大津かゆかり, 萩原孝恵, 鳥居美佳子他)(令和5年3月まで 予定)
 
令和3年8月 厚生労働科研「小児慢性特定疾病児童等の自立支援に資する研究」(代表:檜垣高史 愛媛大学)きょうだい支援研究班(研究協力者)(令和6年3月まで)

教育活動の実績

【教育方法の実践例】 

・マルチメディア機器を活用した授業方法
・小グループ別ディスカッションを取り入れた学習
・学生の自主学習と授業との往還的学びを実現するための授業のシステム化
・研究発表形式を取り入れた学習の取り組み
・視察や体験を取り入れた具体性のある授業内容
 
【作成した教科書,教材】
・「特別支援教育における授業づくりのコツ -これならみんな分かって動ける-」,学苑社(藤原義博、小林真、阿部美穂子、村山智彦(編))平成24年 2月(再掲)
・Movement Education and Therapy Program Assessment Ⅱ-Revised(MEPAⅡ-R)(文教資料協会)小林芳文,藤村元邦,飯村敦子,新井良保,當島茂登,阿部美穂子,小林保子,大橋さつき(著)」平成26年 7月(再掲)
・「発達障がい児の育成・支援とムーブメント教育」,大修館書店(小林芳文,飯村敦子,大橋さつき(編))平成26年 7月(再掲)
・「障害の重い児(者)が求めるムーブメントプログラム」小林芳文,藤村元邦,飯村敦子,新井良保,當島茂登,小林保子(編著)平成26年 7月(再掲)
・ほくとくネットほくとくネット「発達障害支援補助テキスト」及び「発達障害支援学習用ワークブック」(北海道教育大学特別支援教育プロジェクトほくとくネット 全19名による共同著)平成29年 3月
・「保育・療育・特別支援教育に生かすムーブメント教育・療法:MEPA-R活用事例集」,日本文化科学社(小林芳文(監修)是枝喜代治・飯村敦子・阿部美穂子・安藤正紀(編著))平成29年 7月(再掲)
・「よくわかる障害児保育」第2版,ミネルヴァ書房、(尾﨑康子,小林真,水内豊和,阿部美穂子(編著))平成30年2月(再掲)
 

職務上(実務上)の実績

・特別支援教育(心理・生理・病理、指導法等)、臨床心理学、教育相談に関する授業

・学位論文指導、修士論文指導、博士論文指導 留学生指導

・各種委員会等(学生支援委員会、実習委員会、人権委員会、教職部会、他)

 

社会活動・地域活動の実績

【地域との共同研究 等】

・昭和63年4月 ムーブメント教育・療法による障害のある子どもの発達支援及び、その家族支援 (富山ムーブメント教育学習会)  (現在に至る)

・平成18年 4月「発達に気がかりがある子どもの親に対するペアレント・トレーニングのプログラム開発と実践」 (富山県総合教育センター:平成22年3月まで、富山県厚生部新川厚生センター及び、富山県射水市保健センター:平成27年3月まで、釧路市児童発達支援センター:平成31年3月まで)

・平成23年4月 障害のある子どもとそのきょうだい、親が参加するきょうだい支援教室「ジョイジョイクラブ」(富山大学:平成27年3月まで)

・平成28年4月 発達に気がかりがある子どもの就学期支援教室「おひさまクラブ」プロジェクト(北海道教育大学釧路校:平成30年3月まで)

・令和2年4月 地域研究交流センター地域研究事業 重点テーマ研究「多様性ある社会的連携の構築に関する研究:外国につながりのある住民が安心して暮らせる環境づくりに向けて」(山梨県立大学:現在に至る)

【講師・委員等】

平成20年 4月 富山県委嘱スクールカウンセラー (平成27年3月まで)

平成20年 4月 富山県教師の学び支援塾講師 (現在に至る)

平成20年 5月 富山県高岡市若葉保育園 第三者委員 (現在に至る)

平成21年 6月 一般社団法人日本臨床心理士会富山県臨床心理士会 理事 (平成27年3月まで)

平成21年 9月 社団法人日本自閉症協会富山県支部事業評価委員会 委員長 (平成23年3月まで)

平成22年 4月 富山県厚生部児童青年家庭課保育スキルアップ研修講師 (平成27年3月まで)

平成22年 4月 富山県厚生部委嘱事業「ハートフル保育専門アドバイザー派遣モデル事業」専門アドバイザー (平成31年3月まで)

平成22年 4月 富山県立富山総合支援学校学校評議員会 評議員 (平成25年3月まで)

平成22年 4月 富山県総合教育センター教育相談部 専門委員 (平成27年3月まで)

平成22年 6月 平成22年度文部科学省委嘱特別支援教育総合推進事業運営協議会 委員 (平成23年3月まで)

平成23年 4月 富山市障害者自立支援協議会 委員 (平成27年3月まで)

平成23年 4月 富山市障害者自立支援協議会子ども発達ワーキング 委員 (平成27年3月まで)

平成23年 4月 富山県私立学校審議会 委員 (平成27年3月まで)

平成24年 4月 富山市子育て支援センター親学講座講師 (平成27年3月まで)

平成25年 4月 富山県安心こども基金推進事業NPプログラム講師,富山県厚生部児童青年家庭課 (平成27年3月まで)

平成25年12月 NPO日本ムーブメント教育・療法協会 常任専門指導員 (現在に至る)

平成26年 1月 富山県氷見市子ども・子育て会議 会長 (平成30年3月まで)

平成26年 1月 富山県舟橋村子ども・子育て会議 会長 (平成28年3月まで)

平成26年 4月 富山市学区運営協議会制度 推進委員 (平成27年3月まで)

平成26年 8月 富山県教育委員会免許法認定講習講師 (平成26年8月まで)

平成27年 4月北海道釧路養護学校特別支援教育研修指導助言者 (平成31年3月まで)

平成27年 5月 富山県舟橋村産学官金プロジェクト子育て共助のまちづくりモデル事業委員会 委員 (平成27年5月まで)

平成27年 6月 釧路管内特別支援専門家チーム 委員長 (平成29年3月まで)

平成27年 6月 釧路管内特別支援連携協議会 委員 (平成29年3月まで)

平成27年 7月 富山県氷見市まち・ひと・しごと創生推進協議会 委員 (現在に至る)

平成27年 8月 北海道教育委員会免許法認定講習講師(平成31年3月まで)

平成28年 4月 富山県保育士公開保育研究会指導助言者 (平成30年3月まで)

平成28年 4月 釧路市教育委員会委嘱巡回相談員 相談員(平成31年3月まで)

平成28年 5月 北海道教育局委嘱釧路市スクールカウンセラー (平成31年3月まで)

平成28年12月 平成28年度特別支援教育研修会(釧路教育研究センター重点講座)助言者 (平成28年12月まで)

平成29年 4月 全国国立大学附属学校連盟 理事 (平成30年3月まで)

平成29年 4月 社会福祉法人富山YMCA福祉会ふなはしこども園 第三者委員 (現在に至る)

平成29年 4月 高岡市和田保育園保育研究活動指導助言者 (令和3年3月まで)

平成29年 6月 釧路市子ども発達支援センター子育て支援事業講師(平成31年3月まで)

平成29年 7月 第39回 北海道特別支援教育研究協議会  道東地区研究大会(ひまわり大会)「生活単元学習部会」助言者 (平成29年7月まで)

平成29年 8月 釧路市いじめ防止対策委員会 委員 (平成31年3月まで)

平成29年11月  北海道肢体不自由教育研究大会助言者 (平成29年11月まで)

平成29年11月 平成29年度富山県公開保育研究会助言者 (平成29年11月まで)

平成30年10月 放課後児童支援員認定資格研修会講師 (平成30年10月まで)

平成31年4月 富山県厚生部委嘱事業「ハートフル保育カウンセラー事業」派遣カウンセラー (現在に至る)

平成31年4月 富山県立山町母子保健事業幼児発育発達相談事業(のびのびキッズ)講師 (現在に至る)

平成31年4月 富山県立山町「幼児健康診査」子育て相談アドバイザー (現在に至る)

平成31年4月 富山県立山町保育所等巡回訪問支援情報交換会アドバイザー(現在に至る) 

平成31年4月 富山県上市町教育センター発達支援スーパーバイザー(現在に至る)

令和2年6月 富山県公認心理師協会理事(現在に至る)

令和2年7月 厚生労働省新型コロナウイルス感染症に対応した心のケア支援事業富山市保健所委託相談員(平成3年3月まで)

令和3年3月 富山県氷見市氷見ビジョンアドバイザー(現在に至る)

令和3年4月 山梨県教育委員会委嘱スクールカウンセラー(現在に至る)

令和3年8月 富山県氷見市保育士会スーパーバイザー(現在に至る)

令和3年11月 NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会上級指導者資格取得講座講師

令和3年11月 富山県保育研究大会講師第2分科会「配慮を必要とする子どもや家庭へ支援に向けて」助言者 

 

 【研修会講師等】(平成28年度以降)

平成28年5月   特別な支援を必要とする子どもが活きる授業づくりへの挑戦  (平成28年度北海道特別支援教育学会根釧支部講演会)

平成28年7月   子どもの『からだ・あたま・こころ』の育ちを促すムーブメント活動の理論と実際  (釧路市私立保育園連合会研修会)

平成28年7月   子どもの障害特性とその対応について  (富山市恵光学園研修講演会)

平成28年8月   子どもの発達を踏まえた幼保小連携のあり方  (平成28年度第2回富山県氷見市幼保小接続研修会)

平成28年8月   教科学習の基礎を育てるムーブメント活動-ことばの力を育てる-  (平成 28年度北海道鶴居村特別支援教育連携協議会研修会)

平成28年10月   「気になる子ども」の支援のあり方を探る ー子どもの地平に立つ支援ー  (埼玉県所沢市保育園職員研修会) 

平成28年10月   保育士という 保育環境のあり方を考える  (平成28年度富山県公開保育研究会)

平成28年10月   子どもの発達を支えるかかわりのコツ  (幼保連携型認定こども園のぞみ保育園講演会・富山市)

平成28年10月   障害のある子どものきょうだいのための家族支援プログラムの効果に関する実践的研究  (富山県LDネットワーク)

平成28年11月   発達や行動に気がかりがある子どもを応援するには  (富山県保育士再就職支援研修会・富山市サンシップとやま)

平成28年11月   重症児者の兄弟姉妹の思い  (「全国重症心身障害児(者)を守る会 第28回東海・北陸ブロック大会・富山市ホテルグランテラス富山)

平成28年11月   つながりあい&育ちあいソーシャル・キャピタルの豊かな地域づくり (富山パイロットクラブ設立20周年記念講演・富山市TOYAMAキラリ)

平成29年1月   児童生徒が自ら活動する授業づくり  (平成28年度北海道紋別養護学校特別支援教育研修会)

平成29年1月  合理的配慮について (釧路市立三原小学校特別支援教育研修・北海道釧路市)

平成29年1月   特別な教育的ニーズのある子どもを持つ保護者への支援 (平成28年度北海道紋別養護学校特別支援教育研修会教育実践講座Ⅱ)

平成29年3月   保育士という環境について考える  (富山県小矢部市社会福祉法人ちいさな花の福祉会研修会)

平成29年3月   子どもたちの素敵な応援団になろう  (富山県高岡市和田保育園保護者研修会)

平成29年7月   子どもの発達を踏まえた幼保小連携のあり方-新学習指導要領・改訂保育所保育指針を視野にー  (平成29年度第2回氷見市幼保小接続研修会富山県氷見市)

平成29年7月   気になる子どもの支援のあり方を探る~訪問相談事例に学ぶ~  (平成29年度富山県ハートフル保育スキルアップ研修会富山市)

平成29年7月   自分らしく豊かに生きる力を育てるために  (第39回 北海道特別支援教育研究協議会  道東地区研究大会(ひまわり大会)北海道紋別郡遠軽町北海道紋別養護学校ひまわり学園分校)

平成29年12月   子どもの自発的な動きを引き出す保育環境とは  (富山県小矢部市津沢子ども園・石動子ども園合同保育研究会)

平成29年12月   就学に向けて子どもをどのように応援するか  (富山県和田保育園保護者研修会富山県高岡市)

平成30年 5月  親と子を支える肯定的な保育( 釧路市児童発達支援センター子育て支援事業講演会)

平成30年 6月  特別支援教育の改善ー自立活動を中心にー (釧路市立興津小学校研修会)

平成30年 9月  子どもを伸ばす遊びと活動-ムーブメント教育・療法の活用—(CDS-JAPAN支援者養成講座・上田市)

平成30年 9月  相談面接の進め方(富山市相談支援事業者スキルアップ研修会)

平成30年11月   ムーブメント教育・療法を療育に生かす(富山市相談支援事業者育成研修会)

平成30年11月   通級指導教室の仕組みと運営の実際 (富山県上市町教育センター研修会)

平成30年12月   今、求められる特別支援教育~障がいの特性に応じた自立活動の実際~  (北見市特別支援教育連携協議会研修会)

平成30年12月 知的障害児教育における主体的・対話的で深い学びの具現化に向けた授業改善 ( 平成30年度地域連携研修・北海道東川養護学校)

平成31年 1月  不登校の理解と支援( 釧路市立青陵中学校研修会)

平成31年 2月  通級指導教室の仕組みと運営の実際(2) (富山県上市町教育センター研修会)

令和元年5月 子どもの育ちを応援するコツ(北海道釧路市児童発達支援センター研修会)

令和元年6月  発達障害の概要と支援の実際(富山県ハートフル保育スキルアップ研修会・ベーシック研修)
 
令和元年7月  「気になる子ども」の支援のあり方を探る ~訪問相談事例に学ぶ~(富山県ハートフル保育スキルアップ研修会・アドバンス研修)
 
令和元年7月 特別支援学校でのムーブメント教育・療法  ~自立活動に生かすMEPA-ⅡRの活用~ (NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会サマーセミナー信越大会・松本市)
 
令和元年7月 就学期の段差に対応するための学びのユニバ―サルデザイン(富山県氷見市幼保小連携合同研修会)
 
令和元年8月 重症児(者)の療育に活かすMEPA-ⅡRの基礎 (NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会サマーセミナー関東大会・初級者コース・東京都大田区)
 
令和元年8月 重症児(者)の療育に活かすMEPA-ⅡRの応用 (NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会サマーセミナー関東大会・中級者コース・東京都大田区)
 
令和元年10月 障害のあるこどものきょうだいへの支援(日本臨床発達心理士会 資格更新研修会全国研修会 東洋大学・埼玉県朝霞市)
 
令和元年12月 就学児をもつ保護者のための講演会「子どもたちのすてきな応援団になろう」(富山県高岡市和田保育園研修会)
 
令和元年12月 親子で楽しむムーブメントプログラムの実際(富山県教育委員会教師の学び支援塾・富山県高岡支援学校)
 
令和2年2月 気になる子どもの支援と保護者対応(富山県新川地域 発達障害児(者)親の会「らいおんはーと」自主研修会)
 
令和2年2月 障害のある子どもの家族への支援 ー家族QOLの視点からー(CDS-JAPAN 第11回全国支援管理者研修会・横浜市)
 
 令和2年8月  発達障害の概要と支援の実際(令和2年度富山県ハートフル保育スキルアップ研修会・ベーシック研修 富山県厚生部)
 
令和2年10月 みんな違って、みんないい ~一人一人の良さを生かそう~(令和2年度甲府城西高校高大連携「福祉と看護」)
 
令和2年11月 障害のある子どもと主に育つきょうだいと向き合う(令和2年度筑波大学附属大塚特別支援学校PTA研修会)
 
令和3年2月 子どもが主体的に活動する環境(令和2年度富山県・富山県民間連盟富山県委託事業 主任・中堅保育者研修会)

令和3年2月 主体的保育の展開と保育環境(令和2年度富山県小矢部市社会福祉法人ちいさな花の福祉会津沢子ども園研修会)

令和3年2月 相談技術と基礎知識(令和2年度 富山県発達障害者支援センター「ほっぷ」ペアレントメンター養成研修(ベーシック研修))

令和3年2月~現在に至る きょうだいへの支援を考える(発達協会ウェビナー)

令和3年6月 アセスメントによる子供の理解と支援の実際(富山県総合教育センター「令和3年度特別支援教育講座(子供の特性が分かり支援に生かせるアセスメントコース)」)

令和3年7月 NPO日本ムーブメント教育・療法協会夏季セミナー)

 令和3年7月 親子で楽しむムーブメント遊びと子育てトークの集い~風船を使って~(社会福祉法人沼津市社会福祉協議会令和3年度第1回育児講座)

令和3年7月 子どもの心に寄り添う~ゲートキーパーとしての養護教諭のかかわりを探る~ (富山市令和3年度ゲートキーパー養成研修)

令和3年7月 幼保小接続を構造化する3つのステップ(令和3年度富山県氷見市幼保小連携合同研修会)

令和3年7月 重症児(者)の療育に活かすMEPA-ⅡRの基礎(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会 2021年 ムーブメント教育・療法オンラインセミナー)

令和3年8月 児童生徒の保護者、そして家族に伴走するということ(富山県特別支援教育研究会第68回富山県特別支援教育研究協議会全体研修会)

令和3年8月 “チーム学校”としての効果的な支援のあり方-SC, SSWや福祉関係機関との連携- 令和3年度富山県上市町特別支援教育研修会)

令和3年9月 特別支援教育「保護者支援や保育者支援の方法」(山梨県立大学教員免許状更新講習)

令和3年9月 気になる子どもの保護者に伴走するということ(北海道釧路短期大学・くしろせんもん学校令和3年度リカレント講座)

令和3年10月 子どもの気がかりな行動への対応について(富山県氷見市上庄保育園令和3年度保護者研修会)

令和3年10月 障害のある子どものきょうだい児と向き合う(富山県新川厚生センター障害児を育てる親支援事業「こじかの集い」研修会)

令和3年12月 気がかりがある子どもの保護者への対応~事例検討~(富山県私立幼稚園・認定こども園協会新川支部教育研究会研修会)

令和3年12月 障がいのある子どもとその家族への支援・アプローチ方法(山梨県栄養士会生涯教育研修会)

令和4年2月  相談技術及び発達障害ある人の家族支援について~きょうだい児を含むケアのあり方~(令和3年度 富山県発達障害者支援センター「ほっぷ」ペアレントメンター養成研修(フォローアップ研修))

 

【その他、新聞TV等】

・新型コロナウイルス感染症休校措置後、学校再開における子どものメンタルケアに関する取材協力 山梨放送 (2020.5)

・「学校再開・学習の遅れ、心のケアは?」取材協力 山梨新報(2020.6.5)

・「きょうだい児 孤独や悩み」取材協力 高知新聞(2022.3.6)

 

受賞歴

 平成15年2月 研究奨励賞(「個別の指導計画に基づく授業づくり」の研究功績による),日本肢体不自由教育研究会

平成24年10月 学会発表奨励賞第45号,社団法人日本LD学会

令和元年 8月 Poster Award, 2019 IASSIDD ( International Association for the Scientific Study of Intellectual and Developmental Disabilities) World Congress2019 IASSIDD Poster Award ABE small

 

提供できる地域貢献メニュー

・特別支援教育 及び、発達に気がかりがある子どもの保育(インクルーシブ保育)に関するコンサルテーション、及び、研修

・障害のある子どもの家族、障害のある子どもとともに育つきょうだいに関する支援プログラムの提供 (ペアレント・トレーニング、シブショッププログラム 等)

・子育て相談支援(NPプログラム)の提供

・乳幼児・障害児・高齢者のための、ムーブメント教育・療法プログラムの提供

・保育カウンセリング、及び、スクールカウンセリングの実施

 

教育・研究に対する抱負など

私の主たる研究テーマは、障害のある子どもとその家族のQOLをエンパワメントする支援プログラムの開発です。障害のある子どもとその家族が抱える問題は、家族関係のダイナミクスに影響を受けています。障害のある子どものみならず、きょうだいや親も対象に支援を行うことで、家族成員それぞれの成長が保障され、好循環が生まれ、QOLを高めることができると考えます。地域の当事者、及び、医療・看護・教育・福祉などの各分野と連携して、実践研究と学生育成・及び地域貢献が同時にできるリソースを創出し、研究を推進したいと思います。そして、研究成果を還元することにより、これからの共生社会の土台作りに役立てたいと考えます。

 

 受験生の方へメッセージ

大学は、自分持っている力を発見して、磨くところです。誰にでも、必ず「輝きポイント」があります。それを一緒に見つけ、ブラッシュアップしましょう。さあ、一歩先へ。