氏名(職名)

高石 啓人(講師)

所属学部・学科

人間福祉学部・福祉コミュニティ学科

学歴・学位

2013年 早稲田大学人間科学部卒業

2015年 早稲田大学人間科学研究科修士課程修了、修士(人間科学)

2018年 早稲田大学文学研究科教育学コース博士後期課程 単位取得後退学

職歴

2013年~2015年 町田市教育委員会 スクールソーシャルワーカー

2015年~2018年 早稲田大学人間科学学術院 助手

2018年~現在     早稲田大学人間科学部 非常勤講師(「社会福祉現場実習指導」等を担当)

2018年~現在  東洋大学社会学部 非常勤講師(「ソーシャルワーク入門演習」を担当)

2018年~2019年   東洋大学ライフデザイン学部 非常勤講師(「教職概論」「子どもの権利論」「教育基礎論」

                           「教育制度論」「地域と学校(学校安全を含む)」を担当)

2019年~2020年 山梨県立大学人間福祉学部 非常勤講師(「子どもの人権」を担当)

2020年~現在     早稲田大学文化構想学部 非常勤講師(「社会構築論系演習」を担当)

2020年~現在    山梨県立大学人間福祉学部 講師

専門分野

スクールソーシャルワーク、子どもの権利論、教育福祉論

所属学会等

日本学校ソーシャルワーク学会、日本社会福祉学会、日本教育学会、日本教育社会学会

学内委員

教職部会、国際交流委員会、社会福祉士受験対策

本学における担当科目

「子どもの人権」「ソーシャルワーク演習Ⅰ・Ⅱ」「ソーシャルワーク現場実習指導Ⅰ・Ⅱ」「ソーシャルワーク現場実習Ⅰ・Ⅱ」「福祉コミュニティ卒業研究Ⅰ・Ⅱ」「生徒・進路指導論(中・高)(小学校)」「教育経営論(幼・小)」(分担あり)等を担当

研究等の内容・実績

スクールソーシャルワークを子どもの権利の視点、教育と福祉の連携という視点から研究しています。

高石啓人(2015)「教師の貧困家庭対応研究:子どもの権利保障に着目して」『子どもの権利研究』27,222-234

高石啓人(2015)「教師とスクールソーシャルワーカーの連携に関する研究:教師の視点から見た連携プロセスに着目して」『早稲田教育学研究』7,35-49

高石啓人(2016)「教育における福祉機能論に関する研究ースクールソーシャルワークの役割に焦点をあててー」『早稲田大学文学研究科紀要』62,838-852

高石啓人(2017)「スクールソーシャルワーカー法制化をめぐる課題と展望」『早稲田大学文学研究科紀要』63,91-108

馬場幸子・高石啓人(2017)「『日本版スクールソーシャルワーク・実践スタンダード』の開発:研究者と実践者との共同開発プロセスに着目して」『東京学芸大学総合教育科学系』69(2),337-351

馬場幸子・望月彰・高石啓人・鈴木庸裕(2018)「スクールソーシャルワーク実践スタンダードを用いた学習会とスクールソーシャルワーカーの課題意識」『学校ソーシャルワーク研究』14,2-14

教育活動の実績

職歴参照

職務上(実務上)の実績

職歴参照

社会活動・地域活動の実績

日本学校ソーシャルワーク学会関東甲信越ブロック運営委員

NPO・NGO子どもの権利条約総合研究所 事務局

提供できる地域貢献メニュー

スクールソーシャルワーク、子どもの権利に関する研修等

教育・研究に対する抱負など

教育で得られたことを研究に、研究で得られたことを教育に活かせるように頑張ります。

受験生の方へメッセージ

大学は人生について考えられる良い場です。色々なことに挑戦し、悩みながら学んでほしいと思います。