氏名(職名) 

大津 雅之(講師)

 

 researchmap  :  https://researchmap.jp/otsumasayuki/

 

所属学部・学科

人間福祉学部・福祉コミュニティ学科

 

学歴・学位

1998年3月 花園大学社会福祉学部社会福祉学科卒業(社会福祉学学士)
2005年3月 花園大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻修士課程修了(社会福祉学修士)
2016年3月 同志社大学大学院総合政策科学研究科総合政策科学専攻博士後期課程ヒューマン・セキュリティ研究コース 満期退学

 

職歴

大学卒業後、1998年より神奈川県内の知的障害者通所授産施設勤務・知的障害者入所更生施設勤務を経て2003年に大学院に入学。大学院在学中も非常勤講師(以下「教育活動の実績」参照)とともに、京都府内の社会福祉協議会非常勤職員・高齢者在宅介護(登録ヘルパー)などに従事。2011年4月より山梨県立大学に勤務。

2011年4月 山梨県立大学 人間福祉学部 福祉コミュニティ学科 助教

2017年4月 山梨県立大学 人間福祉学部 福祉コミュニティ学科 講師

 

専門分野 

社会福祉方法論(ソーシャルワーク理論)・社会福祉実習(ソーシャルワーク実習=社会福祉士現場実習)

 

所属学会等

①学会 

  • 日本社会福祉学会(会員)
  • 日本ヘルスプロモーション学会(会員)

 

②職能団体

  • 日本社会福祉士会(会員)
  • 山梨県社会福祉士会(会員)
  • 日本介護福祉士会(会員)
  • 山梨県介護福祉士会(会員)

 

学内委員 

  • 学術情報・紀要委員会
  • FD・SD委員会授業評価部会
  • 実習委員会(SW=社会福祉士課程)

 

 

本学における担当科目 

  • ソーシャルワーク援助技術論Ⅰ
  • ソーシャルワーク援助技術論Ⅱ
  • ソーシャルワーク演習Ⅰ
  • ソーシャルワーク演習Ⅱ
  • ソーシャルワーク演習Ⅲ
  • ソーシャルワーク現場実習指導Ⅰ
  • ソーシャルワーク現場実習指導Ⅱ
  • ソーシャルワーク現場実習Ⅰ
  • ソーシャルワーク現場実習Ⅱ
  • 福祉コミュニティ卒業研究Ⅰ
  • 福祉コミュニティ卒業研究Ⅱ
  • 保健福祉行政学(看護学部科目)
  • スタートアップセミナー(2017)

 

※ 社会福祉士実習における調整業務等を主とし上記科目を担当。

※ 担任業務:2020年度 4年2組

 

研究等の内容・実績

研究テーマ:ソーシャルワーク分野における「自己覚知」に関する研究(「自己覚知」という概念を通して考えるソーシャルワーカーとしての専門職業的な姿勢および専門性)

 

①著書

  1. 単著:「第4章 ケースワーク演習1.ケースワーク事例『強いこだわりをもつ知的障害者とその家族への援助』」松井圭三・小倉毅編『社会福祉援助技術』大学図書出版、2008年4月、50‐57ページ。
  2. 単著:「第1章 障害者福祉法制度」福祉実務研究会編『Q&A福祉実務相談室 高齢者・障害者・介護1』ぎょうせい、2015年9月、905‐917、1061‐1073ページ。

  3. 単著:「第3章 事業運営関係 第1 日常業務」・「第3章 事業運営関係 第2 リスクマネジメント」・「第3章 事業運営関係 第3 防災」柳田正明編著『障害者福祉事業 モデル文例・書式集』新日本法規、2017年1月、143-282ページ。
  4. 単著:「第1章 相談援助の概要」小宅理沙監修・西木貴美子編著『相談援助・保育相談支援』翔雲社、2017年10月、1‐14ページ。
  5. 共著:(編集)障害福祉サービス実務研究会・(代表)柳田正明『わかりやすい 障害福祉サービスの実務』新日本法規、2018年8月。

 

②査読付き学会誌等 

 

・論文 

  1. 単著:大津雅之「社会福祉分野における『自己覚知』に対する考察―概念・必要性・方法論の視点から―」『ヒューマンセキュリティ・サイエンス』第4号、45-62ページ、2009年7月。

 

・研究ノート 

  1. 単著:大津雅之「社会福祉士であることを基盤とした『自己覚知』の捉え方に関する一考察」『社会福祉士』(公益社団法人 日本社会福祉士会)第26号、13‐20ページ、2019年3月。

 

③大学学内紀要・学位論文等

・論文 

  1. 単著:大津雅之「福祉系大学学生における福祉専門職に対するイメージと個人の性格との関連性-CPI(カリフォルニア人格検査)を用いた調査結果から-」花園大学2004年度修士論文、2005年3月。
  2. 単著:大津雅之「社会福祉系大学学生における『福祉専門職に対するイメージ尺度』作成の試み」『福祉と人間科学』(花園大学社会福祉学会)第15号、107-132ページ、2005年3月。
  3. 単著:大津雅之「福祉系大学学生における福祉専門職に対するイメージと個人の性格との関連性―CPI(カリフォルニア人格検査)を用いた調査結果から―(修士論文公刊版)」『福祉と人間科学』(花園大学社会福祉学会)第16号、185-245 ページ、2006年3月。
  4. 単著:大津雅之「福祉専門職に対するイメージ研究の意義と展開―福祉専門職者におけるバーンアウトの対処的アプローチを中心に―」『花園大学社会福祉学部研究紀要』第14号、149-159ページ、2006年3月。
  5. 単著:大津雅之「適切な自己覚知を考える(1)―拡大する定義と今日の教育内容の整理―」『花園大学社会福祉学部研究紀要』第16号、97-109ページ、2008年3月。
  6. 単著:大津雅之「『自己覚知』で必要とされる認知的範囲の枠組み―福祉専門職における倫理綱領からの考察―」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第8号、1-12 ペ-ジ、2013年3月。
  7. 単著:大津雅之「『自己覚知』が個人に与える肯定的側面―フォーマルな自己がもたらすインフォーマルな自己の発達―」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第9号、13-26 ページ、2014年3月。
  8. 単著:大津雅之「ソーシャルワークにおける限界認識に向けた自己覚知とその活用」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第13号、100-116 ページ、2018年3月。

 

・研究ノート 

  1. 単著:大津雅之「適切な自己覚知を考える(2)―福祉分野における『自己覚知』の歴史的変遷―」『花園大学社会福祉学部研究紀要』第19号、107-126ページ、2011年3月。
  2. 共著:〇大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)・田中 謙(山梨県立大学)「ソーシャルワーカーがソーシャルワーク機能を担ってきた者に向けるべき視座」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第12号、112-123 ページ、2017年3月。
  3. 共著:〇高木 寛之(山梨県立大学)・大津 雅之・田中 謙(山梨県立大学)「専門職養成課程における地域アセスメントの視点の相違」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第12号、124-135ページ、2017年3月。
  4. 共著:〇田中 謙(山梨県立大学)・大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)「戦後日本のソーシャルワークの展開課程における学校教職員の役割に関する歴史的研究-障害乳幼児支援の取り組みを事例に-」『山梨県立大学人福祉学部紀要』12号、136-148ページ、2017年3月。
  5. 共著:〇田中 謙(山梨県立大学)・大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)「戦後1960~1980年代の山村小学校における 『ソーシャルワーク的支援』の展開過程に関する事例研究 ―オーラルヒストリー法を用いた解釈的アプローチ分析―」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第13号、127-138 ページ、2018年3月。
  6. 共著:〇大津 雅之(山梨県立大学)・三井久規(中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」)・阿諏訪勝夫(中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」)・三枝弓(中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」)・常盤麻美(中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」)「基幹相談支援センターに求められる役割を活かした人材育成-その実践的取り組みに向けた創意工夫のための考察-」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第14号、60-72 ページ、2019年3月。
  7. 共著:〇大津雅之(山梨県立大学)・鳥居美佳子(山梨県立大学)・里見達也(山梨県立大学)「障害者福祉分野のソーシャルワークにおける食事支援・栄養指導の重要性-社会福祉士と管理栄養士および特別支援学校教諭との連携再考-」『山梨県立大学人間福祉学部紀要』第15号、79‐89ページ、2020年3月。

  

④学会報告

(口頭発表)

  1. 単独:大津 雅之「『専門職意識』と『バーンアウト』の関連性に対する考察」花園大学社会福祉学会 第4回大会、2004年2月、花園大学。
  2. 単独:大津 雅之「福祉系大学学生における福祉専門職に対するイメージと個人の性格との関連性―CPI(カリフォルニア人格検査)を用いた調査結果から―(花園大学大学院社会福祉学研究科2004年度修士論文のための分科会発表)」花園大学社会福祉学会 第5回大会、2005年2月、花園大学。
  3. 単独:大津 雅之「福祉学分野から考察するトランスパーソナル心理学/精神医学の活用とその展望―『自己覚知』(self-awareness)と『禅』の概念を中心として―」日本トランスパーソナル心理学/精神医学会 第8回学術大会、2007年11月、日本大学。
  4. 単独:大津 雅之「適切な自己覚知を考える―拡大する定義の整理ならびに問題点への考察―」花園大学社会福祉学会 第8回大会、2008年2月、花園大学。
  5. 単独:大津 雅之「福祉分野における『自己覚知』の問題点―『自己覚知』の重要性をふまえての考察―」ヒューマンセキュリティ・サイエンス学会 第4回研究大会、2008年9月、同志社大学。
  6. 単独:大津 雅之「『自己覚知』という翻訳が持つ課題―self-awarenessの本来的概念との比較を中心に―」花園大学社会福祉学会 第9回大会、2009年1月、花園大学。
  7. 単独:大津 雅之「『自己覚知』の方法論に対する注意喚起の必要性」花園大学社会福祉学会 第10回大会、2010年1月、花園大学。
  8. 単独:大津 雅之「利用者側から捉えた自己覚知に対する批判的検証」花園大学社会福祉学会 第11回大会、2010年12月、花園大学。
  9. 共同:○大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)・田中 謙(山梨県立大学)「ソーシャルワーカーがソーシャルワーク機能を担ってきた者に向けるべき視座― 日本国内における『ソーシャルワーク的支援』に関する研究① ―」日本社会福祉学会 第64回秋季大会、2016年9月、佛教大学。
  10. 共同:○高木 寛之(山梨県立大学)・大津 雅之・田中 謙(山梨県立大学)「専門職養成課程における地域アセスメントの視点の相違― 日本国内におけるソーシャルワーク的支援に関する研究② ―」日本社会福祉学会 第64回秋季大会、2016年9月、佛教大学。
  11. 共同:○田中 謙(山梨県立大学)・大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)「教育領域における社会的ニーズへの取り組み― 日本国内におけるソーシャルワーク的支援に関する研究③ ―」日本社会福祉学会 第64回秋季大会、2016年9月、佛教大学。
  12. 共同:○田中 謙(山梨県立大学)・大津 雅之・高木 寛之(山梨県立大学)「戦後日本の学校における『ソーシャルワーク的支援』の展開過程-解釈的アプローチによる分析-」日本社会福祉学会 第65回秋季大会、2017年10月、首都大学東京。

 

(ポスター発表)

  1. 共同:○大津雅之・安藤治(花園大学)「『福祉専門職に対するイメージ尺度』作成の試みとその意義」日本福祉心理学会 第3回大会、2005年7月、筑波大学。

  

⑤報告書

  1. 共著:『平成28年度地域志向教育研究プロジェクト 日本国内におけるソーシャルワーク的支援に関する研究-道志村に見る「村」レベルでの取り組みとその歴史-報告書』(編著 大津雅之、高木寛之、田中 謙・発行 山梨県立大学地域戦略総合センター・制作 株式会社 島田プロセス)、2017年3月発行。

 

⑥その他

  1. 共著:『道志村「健康な生活を支援するサービスのガイド』(発行者:道志村・編集:道志村住民健康課・編集協力:佐藤悦子,吉澤千登勢,井出成美,大津雅之,下村幸仁,柳田正明,神山裕美)、2013年6月発行。
  2. 単著:「今月のプロジェクト<日本国内におけるソーシャルワーク的支援に関する研究>」・「担当教員紹介<人間福祉学部 福祉コミュニティ学科 助教 大津雅之>」『COC Monthly News Letter』Vol.33、公立大学法人山梨県立大学地域戦略総合センター、2017年2月発行。

 

⑦競争的資金による研究および教育実践

  1. 山梨県立大学平成28年度地域志向教育研究プロジェクト(COC事業)「日本国内におけるソーシャルワーク的支援に関する研究―道志村に見る「市町村」レベルでの取り組みとその歴史―」(研究代表者:大津雅之・共同研究者:高木寛之,田中謙)、2016年度。

 

 

教育活動の実績

①教育暦

  • 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター附属看護学校非常勤講師(社会福祉Ⅰ、2004-2010年度)
  • 花園大学社会福祉学部非常勤講師(社会福祉実習指導Ⅰ・相談援助実習指導Ⅰ・相談援助演習Ⅰ、2005-2010年度)
  • 医療法人社団慈恵会神戸総合医療専門学校看護科非常勤講師(社会福祉・看護師国家試験対策講座、2006-2007年度)
  • 学校法人三幸学園大阪リゾート&スポーツ専門学校非常勤講師(社会福祉概論・福祉スポーツ概論、2006-2008年度)
  • 学校法人近畿大学近畿大学九州短期大学通信教育部非常勤講師(社会福祉Ⅰ〈保育士養成科目〉、2008年度)
  • 学校法人辻学園辻学園栄養専門学校非常勤講師(社会福祉概論〈株式会社キャリア総研講師業務委託請負契約として出向〉、2010年度)
  • 社団法人山梨勤労者医療協会共立高等看護学院非常勤講師(社会学、2013-2015年度)

 

②その他

  • 同志社大学大学院総合政策科学研究科 2007年度R・A(2007年度)
  • 同志社大学大学院 総合政策科学研究科 2008年度T・A(2008年度)
  • 同志社大学政策学部 2008年度T・A(2008年度)
  • 同志社大学大学院総合政策科学研究科 2009年度T・A(2009年度)
  • 同志社大学大学院総合政策科学研究科 2010年度T・A(2010年度)

 

職務上(実務上)の実績 

(保持資格・検定等)

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 福祉住環境コーディネーター検定2級
  • 社会福祉士実習演習担当教員講習会(実習担当教員分)修了

 

社会活動・地域活動の実績

①研修会・講演会等講師

  • 南アルプス市社会福祉協議会 日常生活自立支援事業生活支援員養成(市民後見講座応用)研修「対人援助の基礎」南アルプス市社会福祉協議会:2014年10月22日
  • 山梨県社会福祉士会 平成26年度社会福祉士実習指導者会議・実習指導者フォローアップ研修「社会福祉士実習を通して感じたマネジメントの課題―配属に配慮が必要な学生の実習先決定―」山梨県立大学飯田キャンパス:2015年3月8日
  • 山梨県立甲府城西高等学校 高校大学間連携授業「福祉と看護」:「自己覚知という概念を通して考えるソーシャルワークー専門職と非専門職が行う支援の相違とはー」山梨県立甲府城西高等学校:2016年8月30日
  • 平成30年度中央市・昭和町計画相談事業所連絡会学習会 山梨県立大学、中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」産学連携プログラム「相談支援専門員のピアスーパービジョン及び連携を通した展開的ソーシャルワークの構築」講師 中央市玉穂総合会館 および 中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」:2018年4月26日・5月24日・6月28日・7月26日・8月23日・9月28日・10月26日・11月30日=計8回
  • 山梨県立甲府城西高等学校 高校大学間連携授業「福祉と看護」:「数ある人を支援するための専門職の中におけるソーシャルワーカーの役割」山梨県立甲府城西高等学校:2018年6月19日
  • 都留市社会福祉協議会「平成30年度都留市ボランティア活動推進校連絡会議」:講演・グループワーク「児童生徒の自発性を育むボランティア教育について-福祉専門職ゆえに「協働」したいボランティアなどのマンパワー」講師 いきいきプラザ都留:2018年6月27日
  • 平成30年度山梨県相談支援従事者初任者研修「福祉従事者の援助技術(相談支援援助技術)」講師 山梨県自治会館 講堂:2018年9月3日
  • 平成31年度中央市・昭和町計画相談事業所連絡会学習会 山梨県立大学、中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」産学連携プログラム「相談支援専門員のピアスーパービジョン及び連携を通した展開的ソーシャルワークの構築~実践編~」講師 中央市玉穂総合会館 および 中央市玉穂生涯学習館:2019年4月25日・5月30日・6月27日・7月25日・8月29日・9月27日・10月25日・11月29日・12月20日=計9回
  • 山梨県立甲府城西高等学校 高校大学間連携授業「福祉と看護」:「数ある人を支援するための専門職の中におけるソーシャルワーカーの役割―主に社会福祉士という専門職を例にして-」山梨県立甲府城西高等学校:2019年6月11日
  • 令和元年度山梨県相談支援従事者初任者研修「福祉従事者の援助技術(相談支援援助技術)」講師 ぴゅあ総合 大研修室:2019年7月16日
  • 令和元年度山梨県相談支援従事者現任研修「人材育成 スーパービジョン」講師 ぴゅあ総合 中研修室:2019年8月2日

 

 ②委員等

  • 山梨県障害者自立支援協議会 相談支援・人材育成部会 協力員、2017年度~現在
  • 中央市・昭和町地域自立支援協議会 協議会委員、2018年度~現在
  • 一般社団法人山梨県社会福祉士会 理事、2020年度~現在

 

 ②その他

  • 日本社会福祉学会 第64回秋季大会、佛教大学、歴史2(7号館403教室)分科会司会、2016年9月11日
  • 山梨県「平成29年度山梨県相談支援従事者現任研修」 Bコース ファシリテーター ぴゅあ総合:2017年6月20日・6月29日・7月4日
  • 日本ソーシャルワーク教育学校連盟関東甲信越ブロック(開催主管支部:山梨県支部) 第15回ソーシャルワーク教育推進大会、山梨県立大学、第2分科会「住民・学生・教員の三者間で行われる教育的実践」コーディネーター、2019年12月7日
  • 令和2年度中央市・昭和町計画相談事業所連絡会スーパーバイザー・事例検討会アドバイザー

 

 

提供できる地域貢献メニュー 

  • 初学者を対象とした社会福祉に関する基礎的理論
  • 社会福祉士を中心とした「専門職としての支援」に関する基礎的理論

 

教育・研究に対する抱負など

 ここ数年間は、福祉分野における「自己覚知」という一つの概念をキーワードに研究を続けています。この「自己覚知」は、社会福祉士をはじめ介護福祉士・精神保健福祉士・保育士等の養成課程や実践場面で用いられているものですが、他職種の分野で用いられることは少なく、福祉分野に特化したことばとなっているようです。ただし、この概念自体、重要であるとされる反面、非常に難解で、さまざまな課題も残されています。

 本学においても、これまでの研究を継続し、発展させながら、「自己覚知」という概念を通して考えるソーシャルワーカーとしての専門職業的な姿勢や専門性について考えていきたいです。

 

受験生の方へメッセージ

まず、大学生になる以上、「専門的・学術的な知識やスキルを研鑚させていく」という基本姿勢を忘れないでいてほしいと思います。そのうえで、学生でいられる時間のうちに、ひとつでも多くの「苦」と「楽」とをバランス良く経験しながら、「おおらかさのある人」となって社会に出ていってほしいと願っています。